美容整形のことならミキペディア

【症例写真】鼻翼縮小ならギプスやテーピングは必要なし

bright closeup portrait picture of beautiful woman

鼻翼縮小(小鼻縮小)とは、余分な皮膚などを切除して、小鼻や鼻の穴を小さくすることで、顔の印象が優しくなります。
ここでは症例写真を紹介していますが、手術直後と1週間から数ヶ月たった両方の状態がわかります。
あわせてリンクしたコンテンツも読めば、鼻翼縮小がより理解できます。

1.鼻翼縮小と鼻尖形成を行った症例写真

20代の女性です。
小鼻が横に広がり鼻の穴が大きく見えることと、鼻先が大きくだんご鼻なのが悩みでした。
小鼻には、鼻翼縮小を行いました。
鼻の穴の中から小鼻の外側の溝にかけて、皮膚を約6mm切除して鼻の穴を小さくし、目立たなくしました。
正しいデザインで、傷はていねいに縫合したので、傷跡はほとんどわかりません。
小鼻の丸みを残したまま縮小したので、形態も自然に仕上がっています。
だんご鼻には、鼻の穴の中から切開するクローズ法で、鼻尖形成(鼻尖縮小・だんご鼻修正)を行いました。
だんご鼻の原因である余分な大鼻翼軟骨(だいびよくなんこつ)の一部と、その上にのっていた脂肪を切除します。
左右の大鼻翼軟骨は開いていなかったので、左右の軟骨を糸で縛って引き寄せる軟骨間縫合はしていません。
こうした方に軟骨間縫合を行うと、鼻先の上の方が盛り上がり、横から見てオウムのような鼻になる、パロットノーズ変形、別名ポリビーク変形になってしまいます。
術後は鼻先が程よく細くなり、だんご鼻が解消しています。
こうしたシンプルな鼻尖形成は、極力クローズ法で行います。
もう1つ、両側の鼻の穴の中から鼻柱の真ん中までを切開して、鼻の皮膚を持ち上げ、中を直接見て手術するオープン法もあります。
クローズ法で行った方が、鼻柱の真ん中に傷をつけなくて済み、術後の腫れが少なくなります。

参考コンテンツ
●「だんご鼻を鼻尖形成の手術で美しく修正するための基礎知識

ba_bisen09_b
Before
ba_bisen10_b
Before(斜め下)
ba_bisen11_b
Before(斜め横)
ba_bisen09_a01
After
ba_bisen10_a01
After(斜め下)
ba_bisen11_a01
After(斜め横)
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/biyoku010.html

2.鼻翼縮小で優しい印象の鼻になった症例写真

20代の女性です。
鼻の穴が大きく目立つのが、ずっとコンプレックスでした。
鼻の穴が大きいだけで、顔全体がやぼったい印象になっていました。
鼻翼縮小で、小鼻の皮膚をていねいに縫い縮めました。
鼻の穴が小さくなり、女性らしい優しい印象の鼻が完成しました。
鼻の穴の中から行う手術なので、傷跡はほとんどわからず、人にバレる心配はありません。
鼻の穴が小さくなったことで、毎日が楽しくなったそうです。
美しいバランスといえるのは、正面から見たときにかろうじて小指が入る程度の鼻の穴です。

参考コンテンツ
●「鼻翼縮小で美しく自然な鼻を手に入れるための心得

mainpic_biyoku01a
Before
mainpic_biyoku01a
After(手術直後)麻酔による腫れが少しあり、縫合の細い糸がついています。そのままでも目立ちませんが、気になるならマスクで隠すといいでしょう
mainpic_biyoku01a
After(1週間後)ほとんど腫れが引き、糸もなくなりました
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/biyoku008.html

3.プロテーゼを入れて鼻翼縮小と鼻尖形成を行った症例写真

20代の女性です。
鼻が全体的に低く、小鼻が横に広がり、しかもだんご鼻なのが悩みでした。
全体的に鼻すじを通して、小鼻とだんご鼻をすっきりさせたいとのことでした。
大きく変わりすぎたり、派手でわざとらしい鼻になったりするのは嫌で、自然で整形っぽくない鼻を希望していました。
手術は、3mmの厚みのI型プロテーゼを、鼻根部から鼻先の上部まで全体的に入れました。

zukai_ryubi107
鼻翼縮小は、鼻の穴の中から鼻翼の外側の途中までの切開で、5mmほどの幅で皮膚を切除しました。

鼻尖形成はクローズ法で行い、大鼻翼軟骨の一部を、軟骨上の脂肪を含めて切除しました。
左右の大鼻翼軟骨同士は開いていなかったので、軟骨間縫合は行ってません。
術後は適度に鼻が高くなって鼻すじが通り、小鼻の広がりとだんご鼻が解消され、自然ですっきりとした鼻になりました。

参考コンテンツ
●「鼻の整形だと絶対にやってはいけないリスクが高い施術もある

ba_bisen16_b
Before
ba_bisen17_b
Before(斜め横)
ba_bisen18_b
Before(横)
ba_bisen19_b
Before(斜め下)
ba_bisen16_a01
After
ba_bisen17_a01
After(斜め横)
ba_bisen18_a01
After(横)
ba_bisen19_a01
After(斜め下)
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/biyoku013.html

4.I型プロテーゼに入れ替え鼻翼縮小と耳介軟骨移植を行った症例写真

20代の女性です。
他院で、鼻にL型シリコンプロテーゼが入れられていました。
L型プロテーゼの折れ曲がりの頂点が、鼻先の上のほうに位置しているせいで、鼻先が上がり、正面から見て鼻の穴が丸見えになっている状態でした。
希望は、鼻先が上がっているのを修正して、合わせて小鼻が広がっているのを治すことでした。
手術は、まずプロテーゼをL型からI型に入れ替え、耳介軟骨移植をして鼻先を斜め下方向に出し、鼻翼縮小で約6mmずつ皮膚を切除しました。
不自然に上がっていた鼻先が自然に斜め下方向へ出て、広がっていた小鼻も小さくなり、上品な鼻になりました。

参考コンテンツ
●「鼻先の耳介軟骨移植で理想の鼻を手に入れるための基礎知識

mainpic_modify02a
Before
mainpic_modify02b
After(手術直後)強く腫れています。ギプスやテーピングは必要がないのでしていません
mainpic_modify02c
After(1週間後)たくさんの手術を同時にしたので内出血しています
mainpic_modify02d
After(1ヶ月後)大きな腫れは引いています
mainpic_modify02e
After(3ヶ月後)ほぼ腫れは引きました
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/biyoku021.html

5.プロテーゼを入れて鼻翼縮小と耳介軟骨移植を行った症例写真

20代の女性です。
全体的に鼻が低く、鼻すじが通っていないこと、鼻先がやや上に向いていること、小鼻が横に広がって正面から見て鼻の穴が大きく見えることが悩みでした。
手術は、約3.5mmの厚さのI型プロテーゼを入れて、鼻すじを通しました。

zukai_ryubi108
耳介軟骨移植をして鼻先を斜め下方向に出し、鼻翼縮小で広がった小鼻を縮めて鼻の穴を小さくしました。

鼻根部から鼻先まで鼻すじがきれいに通り、小鼻が小さくなり、正面から見て鼻の穴が見えにくくなったため、全体的にスマートで上品な鼻になりました。
この方のような典型的な日本人のノッペリとした鼻には、I型プロテーゼ、耳介軟骨移植、鼻翼縮小を合わせて行うことがよくあります。

参考コンテンツ
●「鼻翼縮小で美しく自然な鼻を手に入れるための心得

ba_bisen12_b
Before
ba_bisen13_b
Before(斜め横)
ba_bisen14_b
Before(横)
ba_bisen15_b
Before(斜め下)
ba_bisen12_a01
After
ba_bisen13_a01
After(斜め横)
ba_bisen14_a01
After(横)
ba_bisen15_a01
After(斜め下)
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/biyoku012.html

6.鼻翼縮小と耳介軟骨移植を行いヒアルロン酸を注射した症例写真

20代の女性です。
全体的にスマートできれいな鼻にしたいとのことでした。
鼻根部が低く、鼻先がやや上を向いていて、小鼻が横に広がっていたので、シリコンプロテーゼと、鼻先の耳介軟骨移植、鼻翼縮小をすすめました。
シリコンプロテーゼはしたくないとのことなので、鼻根部に長期持続型ヒアルロン酸を注射し、鼻先の耳介軟骨移植と鼻翼縮小をすることにしました。
長期持続型ヒアルロン酸は約0.8cc注射し、鼻翼は鼻の穴の中から外側の途中にかけて約6mm皮膚を切除しました。

zukai_ryubi202
同時に、目頭切開と眼瞼下垂の手術も行いました。

参考コンテンツ
●「鼻のヒアルロン酸注射で高さを出して鼻すじを通すために知っておきたいこと

ba_jikai23_b
Before
ba_jikai24_b
Before(斜め横)
ba_jikai25_b
Before(横)
ba_jikai23_a01
After(6ヶ月後)
ba_jikai24_a01
After(6ヶ月後 斜め横)
ba_jikai25_a01
After(6ヶ月後 横)
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/biyoku019.html

7.鼻翼縮小を行いヒアルロン酸を注射した症例写真

20代の女性です。
やや鼻が低いことと、正面から見て鼻の穴が目立つことを気にしていました。
鼻の穴が目立つ原因は、鼻翼が横に広がっていることと、鼻先がやや上に向いていることでした。
鼻翼によるものが大きかったので、まず鼻翼縮小を行いました。
鼻の穴の内側から外側の途中にかけて、約6mmの幅で鼻翼の皮膚を切除し、吸収糸で中縫いをして、青色透明のナイロン糸で外縫いをしました。
1週間後に外縫いの糸を抜糸しますが、その頃には腫れや傷跡はほとんど気にならない程度になっています。
1ヶ月後に鼻すじを通すため、ヒアルロン酸を約0.7cc注射しました。

zukai_biyoku01
広がっていた小鼻が内側へ移動し、鼻の穴がかなり目立たなくなった上に、鼻すじが通ったので、術前とくらべると上品な鼻になりました。

さらに鼻尖形成で鼻先を細くし、耳介軟骨移植で鼻先を斜め下方向へ出すと、より上品な鼻になります。

参考コンテンツ
●「鼻のヒアルロン酸注射で高さを出して鼻すじを通すために知っておきたいこと

ba_bisen12_b
Before
ba_bisen15_b
Before(斜め下)
ba_bisen12_a01
After(手術直後)傷口に糸がついてますが、マスクをすれば完全に隠すことができます
ba_bisen13_a01
After(1週間後)抜糸直後です。ほとんど腫れは引いてます
ba_bisen14_a01
After(1ヶ月後)ヒアルロン酸を注射して鼻すじが通り、上品な鼻になりました
ba_bisen15_a01
After(1ヶ月後 斜め下)
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/biyoku014.html

8.まとめ

日本人によくあるぺたんとした鼻には、鼻翼縮小に、さらに鼻用I型プロテーゼ挿入、耳介軟骨移植を合わせて行うことがよくあります。
症例写真と、さらにリンクしたコンテンツを読めば、どんな効果があるのか、具体的に理解できます。