美容整形のことならミキペディア

鼻先の耳介軟骨移植で理想の鼻を手に入れるための基礎知識

health, people, plastic surgery and beauty concept - beautiful young woman face over blue background

鼻先の高さを出したい、上向きの鼻先を下げたい、丸い鼻先をスマートに整えたい……。
このような鼻先の悩みを、半永久的に解消させられるのが、耳の軟骨を鼻先や鼻柱に移植し、高さや長さを調整して理想の形に整える、耳介(じかい)軟骨移植です。
皮膚の薄い鼻先は、シリコンプロテーゼやヒアルロン酸で高さを出しにくい部位です。
耳介軟骨移植なら安全に出すことができるため、I型プロテーゼ装入やヒアルロン酸注入と併用して行うこともよくあります。

1.耳介軟骨移植の特長

鼻先や鼻柱(鼻の穴の間の軟骨部分)を出すための手術で、耳の穴の中や耳の後ろから軟骨の一部を採取し、細かく切って砕いたものを、鼻先や鼻柱の軟骨上に移植します。
移植した軟骨は生着し、周囲の組織と癒着して馴染むため、効果は半永久的。
触り心地も自然で、衝撃やケガに強いのもメリットです。
また、移植は片側の鼻の穴の中を3〜4mm切開して行うため、傷跡が目立つ心配もありません。

2.鼻先を出す耳介軟骨移植

軟骨の移植部位により、鼻先を出す方向をある程度自由に決めることができます。

2-1.斜め上方向に出す

img_jikai_one_point_01
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/jikai.html

鼻先の上のほうに移植します。
鼻先が斜め上方向に出るため、アップノーズぎみのツンとした鼻になりたい人に向いています。

2-2.前方に出す

img_jikai_one_point_02
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/jikai.html

鼻先のまん前に移植します。
鼻先がきれいに前に出るため、最も効果的に鼻先の高さを出すことができます。
鼻先がつぶれているのを解消したい人にも向いています。

2-3.斜め下方向に出す

img_jikai_one_point_03
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/jikai.html

鼻先の下のほうに移植すると、鼻先が斜め下方向に出ます。
正面や側面から見て鼻先が下に出るため、鼻先が上に向いている状態(俗にいうブタ鼻)を解消したい人に向いています。
正面から見て鼻の穴が目立っている人も、鼻先を斜め下方に出すことで目立たなくなる場合が多いです。

3.鼻柱を出す耳介軟骨移植

主に以下のケースに行います。

3-1.鼻柱や鼻柱のつけ根が引っ込み、バランスが悪い人

一般的に、小鼻(鼻翼)のつけ根の位置と、鼻柱のつけ根の位置が同じ高さにある鼻が、バランスのよい鼻といわれています。
鼻柱のつけ根の位置が、小鼻のつけ根より奥に引っ込んでいる人は、小鼻のつけ根の位置となるべく同じ高さになるように、鼻柱や鼻柱のつけ根に移植すると、バランスのよい鼻になります。

img_jikai_one_point_05
バランスの悪い鼻
img_jikai_one_point_05_02
鼻柱を小鼻のつけ根の位置まで下げ、バランスを整える
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/jikai.html

3-2.鼻柱が下がった鼻にしたい人

鼻柱に軟骨を移植すると、鼻柱の位置は確実に下に下がります。
正面から見て下向きの矢印(↓)のような形の鼻になりたい人は、耳介軟骨移植で小鼻のつけ根より下に鼻柱を出すと、理想の鼻の形になります。

img_jikai_one_point_06
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/jikai.html

3-3.鼻の下が長い人

耳介軟骨移植で鼻柱を下に下げると、相対的に鼻の下が短くなったように見えます。

img_jikai_one_point_07
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/jikai.html

4.耳介軟骨の採取法

鼻先や鼻柱に移植する場合、軟骨も少量ですむため、片側の外耳道(耳の穴の中)から採取することが多いです。
また、執刀医によっては、耳の真ん中のくぼんだ部分の耳甲介(じこうかい)から採取する場合もあります。
どちらの方法も、採取後に耳が変形したり、耳の機能が損なわれたりすることはないので、安心してください。

4-1.耳の穴の中から採取する

耳の穴の入口を1cmほど切開して、点線で囲んだ部分の軟骨を採取します。

img_bisen_one_point_09
img_bisen_one_point_10_02
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/jikai.html

切開した傷は細い糸で縫合し、手術当日は止血のために耳の穴の中に綿球を詰めておきます。
翌日、綿球を自分で外し、1週間後に抜糸します。

4-2.耳の裏から採取する

耳の裏を1.5〜2cmほど切開し、点線で囲んだ部分の軟骨を採取します。

img_bisen_one_point_12
img_bisen_one_point_13
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/jikai.html

切開した傷は細い糸で縫合し、耳甲介の軟骨を採った部分に血液がたまらないよう軟膏ガーゼを詰めたうえで、表面をガーゼでおおって保護します。
1週間後にガーゼを取り、抜糸します。

img_bisen_one_point_14
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/nose/jikai.html

5.症例に見る耳介軟骨移植の効果

鼻先や鼻柱に耳介軟骨移植をする場合、元の鼻柱の状態や、皮膚の厚さ、硬さなどによって移植できる軟骨量、鼻先・鼻柱を出せる量に限界があります。
ただし、移植量が多いほど、きれいに鼻先を出せるわけではなく、皮膚にゆとりがないのに無理して大量の移植をすると、鼻先が横に広がり、ダンゴ鼻になってしまことがあります。
また、一般的に鼻先や鼻柱を出しやすいのは、皮膚が薄くてやわらかい人で、皮膚が厚くて硬い人は出しづらいといわれています。
しかし、皮膚の薄い人が無理な移植をした場合には、移植した軟骨の輪郭が浮き出て不自然になるデメリットがあります。
皮膚は加齢とともに薄くなっていくため、移植の限界量は年を取ってどの程度皮膚が薄くなるかも計算し、判断する必要があります。
将来的にもトラブルを起こさず安全に出せる限界は、鼻先で3mmくらい、鼻柱は2〜3mmくらいの場合が多いです。

5-1.鼻先への移植例(20代女性)

片方の耳の穴の中から10×15㎜ほどの軟骨を採取し、上を向いた鼻先が下がるよう斜め下方向に移植。
術後は、鼻先が斜め下方向に約3㎜出て、自然で上品な鼻になりました。
元の鼻の状態にもよりますが、耳介軟骨移植で鼻先を出せる限界はだいたいこれくらいです。

o0632069811833462467
Before
o0482062211833462913
Before(横)
o0687078911833462466
After
o0494063711833462463
After(横)
【出典:http://ameblo.jp/drmikiya/entry-11183633218.html

5-2.鼻先と鼻柱への移植例(20代女性)

鼻柱のつけ根も少し奥に引っ込み、バランスも悪かったため、鼻先(斜め下方向)と鼻柱の両方に移植。
術後は鼻先が斜め下方向に約3mm出て、鼻柱基部も小鼻のつけ根の位置まで下がり、バランスの整った鼻になりました。

o0724082512695388652
Before
o0632065812695388863
Before(横)
o0704076212695388654
After
o0790078512695388866
After(横)
【出典:http://ameblo.jp/drmikiya/entry-11621905621.html

5-3.ダンゴ鼻の修正例(20代女性)

正面から見たときの鼻先がやや上向きで、横幅も広く、鼻の穴が目立っていたため、なるべく鼻先が下を向くようデザインし、移植しました。
術後は鼻先が自然にほどよく斜め下方向に伸び、正面から見たときの鼻の穴も気にならなくなっています。

o0800072913425395100
Before
o0800081513425395102
Before(横)
o0800072213425395816
After(4ヶ月後)
o0800088413425395817
After(4ヶ月後 横)
【出典:http://ameblo.jp/drmikiya/entry-12073847168.html

6.ダウンタイムは長くて1週間

当クリニックの耳介軟骨移植では、術後の鼻の固定はありません。
また、ほかの鼻の手術に比べて、術後の腫れが少ないのも特長です。
手術直後は局所麻酔注射の影響もあり、鼻先や鼻柱がそれなりに腫れますが、当日から翌日をピークに引いていき、抜糸を行う1週間後にはほとんど目立なくなっています。
目立った腫れが出てくるのも移植を行った鼻先、鼻柱に限られるため、マスクをして過ごせる環境にある人は、手術翌日から出勤・登校することができます。
細かいことを気にしない性格の人なら、2〜3日目にマスクを外して過ごすことも可能です。
ただし、術後早期に血流がよくなりすぎると腫れが強く出ることがあります。
手術後2日目までの入浴は首から下のシャワー浴か、体が温まらない程度のぬるま湯に(1〜3分つかる程度で済ませ、積極的な運動も手術直後の腫れが落ち着く6日目までは控えるのが無難です。

7.完成するまで鼻に強い外力を加えない

耳介軟骨移植の場合、目立った腫れは1週間で引きますが、残ったわずかな腫れが完全に引き、完成するには3〜6ヶ月かかります。
術後6ヶ月が経過するまでは、鼻に強い外力を加えないよう心がけ、生活してください。
特に注意すべきが術後の1週間です。
長時間鼻に外力が加わるうつぶせ寝は避け、鼻先を強くこすったり、押さえつけたり、子供に鼻をたたかれないようにしてください。
術後1ヶ月が経てば鼻のマッサージもできるようになりますが、術後6ヶ月が経過するまで、うつぶせ寝はできるだけ控えたほうが無難です。
また、鼻の穴の中の傷がしっかりとくっつき、治るまでの1週間は鼻水も軽くふき取る程度に、鼻をかむこと自体を控えます。
抜糸後は鼻もかめるようになりますが、手術部位に負担がかからないよう、小鼻を軽く押さえて控えめにかんでください。

8.鼻先・鼻柱を出す耳介軟骨移植Q&A

耳介軟骨移植では、以下の質問を受けることがよくあります。

8-1.移植した軟骨を除去して元の鼻に戻すことはできますか?

癒着した移植軟骨を無理して全部取ろうとすると、周囲の組織も取ることになり、取ったところがくぼんでしまうことがあります。
術後2週間以内ならまだ癒着はしていないので、移植した軟骨のほぼ全てを取ることができますし、その後も4週間目までなら、ある程度取ることは可能です。
それ以降になるとあまり取れないことが多いため、元の鼻に戻したくなったら、なるべく早く除去手術を行う必要があります。

8-2.移植した軟骨がずれることはありませんか?

耳介軟骨は生きた自分自身の組織です。
移植をしたところに生着し、癒着するため、時間の経過とともに位置がずれたり、変形したりする心配はまずありません。
何か大きな衝撃などを受けない限り、大丈夫と思っていただいていいでしょう。
また、移植した軟骨が徐々に吸収されてなくなることもないため、効果は半永久的に持続しますし、衝撃やケガに対する耐性も元の鼻と変わりません。

8-3.ダンゴ鼻修正には耳介軟骨移植と鼻尖形成手術のどちらが向いていますか?

鼻尖形成(縮小)は、横に広がった左右の大鼻翼軟骨や脂肪を切除したり、大鼻翼軟骨を中央に寄せて縫合したりして、鼻先を細くする鼻手術です。
耳介軟骨移植でも鼻先を出したぶんだけ鼻先が細く尖るため、ダンゴ鼻は改善します、
どの手術が向いているかは、もともとの鼻の形や希望する鼻の形によって異なりますし、両方行うのがベストなケースもあります。

8-4.術後にシリコンプロテーゼを入れることはできますか?

当クリニックのI型シリコンプロテーゼなら可能です。
耳介軟骨が移植されている部分にオーバーラップしないよう骨膜下を剥離し、プロテーゼを挿入すれば問題はありません。
原則6ヶ月以上空けて手術することが多いのですが、大きな腫れがなければ1ヶ月後くらいで手術することも可能です。

9.まとめ

安全性の高い耳介軟骨移植にも、適正量を超えた無理な移植をすると軟骨の輪郭が浮き出てしまうリスクがありますし、術後2週間が経過すると、不自然になってしまった鼻を完全に元に戻すのも困難になります。
だからこそ、重要になってくるのが術前のカウンセリングです。
適正な移植量の範囲内でどのくらい鼻先・鼻柱を出し、理想の形にできるかを事前にしっかり確認し、納得のうえで手術を受けるようにしてください。