美容整形のことならミキペディア

唇を薄くする手術で後悔なくタラコ唇を改善させるための心得

pixta_8021479_M

タラコ唇など、分厚い唇によるコンプレックスを半永久的に解消できるのが、内側の余分な粘膜組織を切除して、唇を薄くする手術です。
唇を薄くキリッとさせるとイケメン度もアップすることから、男性にも人気の高い手術の1つです。

1.唇を薄くする手術とは?

唇の余分なボリュームを切除して、分厚い唇を薄く、スッキリと整える手術です。
切除するのは唇の表面の乾いている部分と、内側の粘膜状に湿っている部分の境目を中心とする、余分な粘膜と粘膜下の組織です。
唇はとてもデリケートな部位ですが、局所麻酔をかけて行うため、手術中に痛みを感じることはありません。
粘膜は普通の皮膚より修復力が高いため、傷口の治りが早く、傷跡もほとんどわからなくなるのも特長です。

2.厚みは好みに合わせて調整できる

唇を薄くする手術では、余分なボリュームをどれだけ取るかで、唇の厚みを自由に調節することが可能です。
余分なボリュームをたくさんとれば、しっかりと薄い唇になりますし、平均よりもちょっと厚めで薄くしたい場合には、余分なボリュームを控えめに取って好みの厚みに整えます。
ただし、切除したボリュームを元に戻すことはできません。
薄くしすぎてしまった場合、ヒアルロン酸注射で修正することになりますが、完全に元に戻すのは困難なので、どれくらい薄くするかは十分に考えて決める必要があります。
実際、分厚い唇へのコンプレックスが強い人ほど極端に薄くしたがる傾向にありますが、要望どおりに薄くした場合、寂しげで幸薄い印象の唇になってしまうことが多いです。
また、人間の唇は加齢とともに薄くなっていくため、いきなり極端に薄くしてしまうと、顔全体が一気に老けた印象になりがちです。
もともと口を閉じにくい人は、余計に口が閉じにくくなってしまうリスクもあり得ます。
このため、当クリニックでは術前にコンピューターシミュレーションで安全に薄くすることのできる範囲、顔全体とのバランスの取れたベストな厚みを提示します。
そうして、納得して手術を行うようにしています。

3.デザインと仕上がりのイメージ

顔には、世界中の誰が見ても美しいと感じる黄金比率があります。
唇の厚みに関しては、上唇3〜4に対して下唇5の比率が最も美しいとされています。
特別な要望がない場合は、この黄金比率に基づき、唇全体が平均的な厚みになるようにデザインし、手術を行うことが多いです。

img_usuku_one_point_01
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/mouth/usuku.html

その際、もともとの唇の厚みによって、上唇だけを薄くする場合、下唇だけを薄くする場合、上下の唇を薄くする場合の3つのパターンがあります。

3-1.上唇だけを薄くする

下唇は厚すぎず、上唇の厚みだけが気になる場合は、上唇の余分なボリュームを切除してバランスを整えます。

3-2.下唇だけを薄くする

上唇は厚すぎず、下唇の厚みだけが気になる場合は、下唇の余分なボリュームを切除してバランスを整えます。

◆症例(20代女性)

上唇に比べて下唇が極端に厚い唇を黄金比率に整えるには、上唇を厚くする方法と下唇を薄くする方法の2つがあります。
この症例では、各仕上がりをコンピューターシミュレーションしたうえで、本人が下唇を薄くする方法を選択。
術後は上下のバランスがとれた、イメージどおりの唇になりました。

o0800063712233224212
Before
o0800065612233224213
Before(斜め横)
o0800062312233224808
After(3ヶ月後)
o0800065412233224807
After(3ヶ月後 斜め横)
【出典:http://ameblo.jp/drmikiya/entry-11378287500.html

3-3.上下の唇を薄くする

上唇も下唇も厚いタラコ唇は、上下の余分なボリュームを切除し、バランスを整えます。

◆症例(20代女性)

生まれつきの厚いタラコ唇に強いコンプレックスを持っていた人です。
できる限り薄くしてほしいとの要望でしたが、しすぎると幸薄い唇になってしまうので、コンピューターシミュレーションを行ったうえで、適度に厚みを残しつつ上下の唇を薄くしました。
手術直後は唇が大きく腫れていますが、抜糸時にはほとんど引いた状態で、唇は上下ともかなり薄くなっているのがわかります。
傷跡も目立たず、チャーミングな口もとに仕上げることができました。

o0800059211363805932
Before
o0800063111363805922
Before(口を開けた状態)
o0800062811363805931
After(手術直後 口を開けた状態)
o0800061911363805920
After(10日後 抜糸直後)
o0800065611363805919
After(10日後 抜糸直後 口を開けた状態)
【出典:http://ameblo.jp/drmikiya/entry-10960384009.html

4.唇の形を変えたい場合

唇には形の好みもありますが、唇を薄くする手術でも、厚みを調整しながら好みの形に整えられる場合があります。
また、普通に薄くするだけで、形に対するコンプレックスがある程度解消される場合もあります。

4-1.下唇を厚めにしたい

唇の厚みはある程度自由に調節できるため、黄金比率(3〜4:5)より下唇を厚めにすることも、上唇を厚くすることも、上下をほぼ同じ厚みにすることも、基本的には可能です。
ただし、そのような個性的な唇は、顔立ちによって合う、合わないがハッキリ分かれますし、下唇より上唇を厚くするデザインには、特にメリットはないことが多いです。

4-2.上唇の真ん中の厚みは残して、両サイドのみを薄くしたい

ある程度は可能です。
その場合、真ん中の部分のボリュームは残すか、わずかに取る程度にし、両サイドのボリュームを多めに取るようなデザインで手術をします。

img_usuku_one_point_22
img_usuku_one_point_23
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/mouth/usuku.html

4-3.前に突き出た唇を治したい、口角を上げたい

骨格的に口もとが前に出ている人は、もともと唇が厚いことが多く、口もとが出ていることで唇の厚さも強調された状態にあります。
そのため、普通に唇を薄くするだけで、突き出た感じも少し解消する場合が多いです。
また、唇を薄くする手術では、口角の位置を上げることはできませんが、厚く、ぼってりとした唇がスッキリすると、なんとなく口角が上がって見えるようになります。
物理的に口角の位置を上げたい場合には、術後にボトックス注射で上げることも可能です。

5.施術の流れと術式

元の唇と希望する仕上がりに応じてデザインを決め、局所麻酔下で手術します。
手術後は腫れを最小限に抑えるために唇を5〜10分ほど冷やし、状態に合わせて7〜14日後に抜糸を行います。

5-1.切除部位のデザイン

唇の表面(乾いている部分)と内側(濡れている部分)の境目を中心に、粘膜の切除する部分をデザインペンでマーキングします。

img_usuku_mikiya_tech_03
口を閉じた状態
img_usuku_mikiya_tech_04
口を開けた状態
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/mouth/usuku.html

5-2.局所麻酔注射

切除する部分の粘膜に、局所麻酔をします。
当クリニックでは事前に麻酔クリームを塗り、人体に合わせてアルカリ性に傾けた局所麻酔液を極細の注射針で注射するため、それほど痛くありません。

img_usuku_mikiya_tech_05
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/mouth/usuku.html

5-3.粘膜の切除

デザインに沿って唇の内側の粘膜をメスで切開し、口を開けたときに亀裂が生じにくいよう、余分なボリュームをレンズ状に取り除きます。
主に切除するのは、粘膜とその下の粘膜下組織です。
それだけでも唇は十分に薄くなりますが、かなり薄くしたい場合には、粘膜下組織の下にある口輪筋(唇の中にある筋肉)も含めて切除することになります。
口輪筋はたくさん取ってしまうと、口を動かしにくくなるなどの機能障害が残ってしまう可能性もあるため、切除は必要最小限にとどめることが重要です。

img_usuku_mikiya_tech_06
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/mouth/usuku.html

5-4.縫合

傷口を細かく、ていねいに縫い合わせます。
口を開けた状態では糸と傷跡が見えますが、口を閉じれば大部分が隠れ、ガーゼや絆創膏で保護する必要もありません。

img_usuku_mikiya_tech_07
img_usuku_mikiya_tech_08
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/mouth/usuku.html

なお、縫合に使用する糸は執刀医や手術内容などで異なりますが、当クリニックでは無色透明の吸収糸(溶ける糸)を使用することが多いです。
吸収糸で縫合した場合、抜糸時にはある程度溶けてなくなった状態にありますが、傷がくっついた段階で残った糸を抜糸したほうが、傷跡もきれいに仕上がります。

6.ダウンタイムと日常生活の注意

手術直後は、局所麻酔の影響などで唇が強く腫れています。
唇の腫れはマスクで完全に隠すことができますが、人前でマスクをできない人、激しい運動や肉体労働が避けられない人は、仕事や学校も抜糸が済むまで休んだほうが無難です。
抜糸をすれば傷跡はほとんどわかりませんし、そのころには大きな腫れも引き、唇は手術前より薄くなっているケースがほとんどです。
ただし、完全に腫れが引いて完成するまでの3〜6ヵ月間は、傷跡が硬くて不安定な状態にあるため、無理は禁物です。
また、術後早期の過ごし方によってはダウンタイムが長引くこともあるので、以下の点に注意します。

6-1.傷跡に負担をかけない

術後の2〜3時間は麻酔の影響で口が動かしにくく、熱さに対する感覚も鈍っています。
水分は手術直後から摂取できますが、傷口を刺激しないように常温、または冷たすぎない水やお茶を、こぼさないよう気をつけて飲んでください。
局所麻酔が切れれば会話もほぼ普通にできますし、食事もとれるようになります。
ただし、大きく口を開けて話したり、カラオケで歌ったりするのは抜糸するまで控え、香辛料の多い食べ物も避けたほうが無難でしょう。
また、食後は傷跡を含む口の中を水かお茶で軽くすすいで、縫合糸や傷跡を清潔に保つこと。
傷跡を刺激しないよう注意をすれば、歯みがきも可能です。

6-2.血流をよくしすぎない

術後早期に血流がよくなりすぎると、腫れが強く出ることがありますし、術後24時間は傷口から出血してくる場合もあります。
手術当日は必要以上に体を動かさず安静に過ごし、術後7日めまでは無理な肉体労働や運動も控えてください。
また、血流は入浴でもよくなるため、術後7日めまでは極端に温まらないよう注意します。
腫れが強く出やすい手術当日から2日めまでは、首から下に軽くシャワーを浴びるか、体が温まらない程度のぬるま湯による、首から下の1〜3分程度の短時間入浴で済ませるのが無難です。

7.まとめ

唇を薄くする手術は、分厚い唇をスッキリさせる最も確実な方法です。
仕上がりのイメージを共有したうえで、熟練した医師が正しくデザインし、手術をすれば、整った美しい唇を簡単に手に入れることができますし、術後に傷跡が目立って困ることもまずありません。
ただし、唇のボリューム自体を切除する手術だからこそ、薄くしすぎてしまった場合のリカバリーは困難です。
特に、しっかりと薄くして口もとを大きく変えたい人、オーソドックスではないデザインを希望する人は、注意が必要です。
その唇が本当に自分の顔に合っているか、将来後悔することがないかを冷静に判断して、手術を受けることが大切です。