美容整形のことならミキペディア

【まとめ】二重まぶたと同じくらい効果がある目もとの手術の基礎知識

Beautiful woman laying on a mat in beauty salon.

二重まぶたの手術は人気がありますが、美容整形の手術には、同じくらい目もとを魅力的にしてくれると人気のものが他にもあります。

こうした手術の代表ともいえる「眼瞼下垂」、「涙袋形成」、「目頭切開」、「目尻切開」、「タレ目形成」、「たるみ・脂肪取り」についてまとめました。
この記事だけでもアウトラインはわかりますが、リンク先のコンテンツを読めば、それぞれの手術がさらに詳しく理解できます。

1.眼瞼下垂がわかるコンテンツ

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、簡単にいえば、まぶたが開きにくくなった状態のことです。
原因には、
・先天的に垂れ下がっている
・コンタクトレンズをずっと使い続けている
・アトピー性皮膚炎などで目をよくこすってしまう
・歳をとって垂れ下がってきた
などがあります。
眼瞼下垂になると、視界が狭まるだけでなく、頭痛や肩こりもまねきます。
眼瞼下垂の手術では、まぶたを開ける筋肉である上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)の挙筋腱膜(きょきんけんまく)を短くして、まぶたの開きをよくします。
まぶたを開く力が強くなれば、視野が広がるだけでなく、目がぱっちりとして目力も強くなります。
眼瞼下垂の手術を考えたら、まず最初に読んでほしいコンテンツです。
術後のダウンタイムについても、詳しく解説しています。

眼瞼下垂手術はひたいのしわから肩こりまで軽減する

まぶたの開きが悪い人を、正常な開きにするのが、眼瞼下垂の手術です。
まぶたの開きが正常な人も、美容目的で眼瞼下垂の手術を行うことができます。
まぶたの開きがさらによくなり、眠たそうな目もパッチリと大きく、デカ目になります。
二重まぶたを作ったり、厚ぼったいまぶたの脂肪を取ってすっきりさせたりすることも、同時にできます。
ただ、二重の幅をあまり広くし過ぎると、逆にまぶたを開ける邪魔をすることがあるので、幅にこだわる人は注意が必要です。
また、まぶたの開きをよくしすぎると、黒目が100%見えるビックリ目やキツい目になったり、黒目の上の白目が見える上三白眼になったりするので、注意してください。
まぶたの開きがちょうどよくならず、開き足りない目やビックリ目になった場合、修正手術もできますが、適切な時期はその人によって違います。
眼瞼下垂の手術でより魅力的な目もとになる方法を、以下のコンテンツで理解しましょう。

眼瞼下垂の手術で二重まぶたのデカ目になるためにまず知っておくべきこと
眼瞼下垂の手術で二重まぶたの幅と目の大きさの両立は可能?

眼瞼下垂の手術も、他の美容整形手術と同じように、どうやるかという術式やデザインを知っていれば、魅力的な目もとになる方法がわかります。
白人や白人とのハーフの人のように、目から眉までの距離が近い目もとは人気ですが、以下のコンテンツでは、眼瞼下垂の手術でこうした目もとになるしくみも解説しています。

眼瞼下垂の手術を詳しく知れば希望の二重まぶたを必ず入手できる
眼瞼下垂の手術で目をパッチリと大きくするために注意すべきこと

2.涙袋をふっくらさせるコンテンツ

涙袋は、目の周りにあるリング状の筋肉・眼輪筋による、下まぶたの目の際のふくらんだ部分です。
ここがふっくらしていると、目が大きく、表情も明るく、しかも若々しく見えます。
涙袋は、ヒアルロン酸注射で簡単にふっくらさせることができるので、とても人気があります。
ただ、ヒアルロン酸の品質が悪いと、縦に広がってかえって老けて見えたり、すぐ吸収されてしまったりします。
ヒアルロン酸を無理にたくさん注入しても、人工的で不自然に見えたり、たるみやクマのようになってしまったりします。
当クリニックでは、ヒアルロン酸注入以外の方法では、涙袋を作っていません。
アクアミドやアクアジェルなどの、非吸収性で永久になくならない注入物や、シリコンなどを入れる手術だと、歳をとったときに問題が起こるからです。
ヒアルロン酸注射はプチ整形の代表ですが、次のコンテンツで基本的なことは理解しておきましょう。
ヒアルロン酸注入直後の、日常生活の注意点もあります。

涙袋をヒアルロン酸注射で作るとき必ず知っておきたいこと
涙袋をヒアルロン酸で作るなら精一杯ふっくらさせるべき?将来も考えて

3.目頭切開、目尻切開を知るためのコンテンツ

目頭切開とは、上まぶたの目頭部分をおおっている蒙古ひだを切開して、目を内側に広げる手術です。
日本人や中国人、韓国人などの極東アジア人の多くは、子どもの頃は蒙古ひだと呼ばれるひだ状の皮膚が発達し、上まぶたの内側から目頭部分をおおっていることが多いです。
蒙古ひだが張り、目と目が離れた子どもっぽい顔の人が目頭切開すると、西洋人のような大人っぽい印象になります。
ただ、目頭を切り過ぎると、目頭側の赤い粘膜部分の涙丘が見えすぎたり、目と目の距離が近づき過ぎて、目がキツく不自然になったり、老けて見えたりします。
一般的に、目の横幅と目と目の間隔の理想の比率は1:1:1ですが、元の顔の大きさや骨格によっては、この比率通りだとバランスが悪くなる場合もあります。
以下のコンテンツで目頭切開について知れば、上手な医者ときちんとカウンセリングする大切さがよくわかります。

目頭切開すれば西洋人のような顔になるのかデメリットはないか
目頭切開こそ絶対に上手な医者にやってもらわなくてはならない理由

目尻切開とは、目尻、つまり目の外側を切開して横へ広げ、目を大きくする施術です
目尻切開は、正しい術式で正しい手術を行えば、不自然になったりバランスが悪くなったりすることはありません。
目尻切開をしても目の大きさが変わらなかった、元に戻ってしまったなら、術式の選択を間違えている可能性があります。
目尻切開でタレ目にすることはできませんが、タレ目形成の手術と両方行うと、相乗効果でより大きく、よりタレ目っぽい、魅力的な目もとになります。
次のコンテンツでは、目尻切開の術式も詳しく解説しています。

目尻切開の効果を最大限にするならタレ目形成と両方行うべき 

4.タレ目形成がわかるコンテンツ

目が大きく、華やかで優しい印象になるため、近年になって人気が急上昇してきたのが、タレ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)です。
下まぶたを切開して、ラインをやや下向きに整えます。
人気が出たのが最近になってからなので、タレ目形成をすると老ける、逆さまつ毛が治る、術後は白目がブヨブヨになるなど、いろいろな誤解があるようです。
以下のコンテンツでは、ダウンタイムの過ごし方まできちんと解説しているので、正しい知識が得られます。
タレ目は、筋肉の緊張を弛緩させる作用があるボトックス・ボツリヌストキシン注射でも作ることができます。
6ヶ月程度で元に戻るので、タレ目形成手術の前に、お試しでやることもできます。

タレ目形成の本当の効果や正しい術式を医師が詳しく解説
タレ目形成のリスクとダウンタイムのベストな対処法

5.まぶたのたるみや脂肪取りを知るためのコンテンツ

加齢とともに二重が奥二重になったり、目が小さく見えるようになったりするのは、上まぶたの皮膚がたるみ、伸びてしまうせいです。
原因には、1で説明した眼瞼下垂や、皮膚のハリや弾力の低下があります。
伸びた余分な皮膚を取り除くために、切開する部分には、
・二重のライン
・上まぶたのまつ毛ぎりぎりのところ
・眉の下(上眼瞼リフト)
などがあります。
脂肪の除去が有効な場合は、二重のラインを切開して切除したり、脂肪溶解注射メソシェイプフェイスを使用したりします。
どの方法が適しているかは、元の状態によって違うので、次のコンテンツを読んで基礎を理解した上で、しっかりしたカウンセリングをおすすめします。

上まぶたのたるみを手術で取り目もとが美しく若返るポイント
上まぶたのたるみを上眼瞼リフトで取るメリットとは?

たるみとは逆に、加齢や体重の変化、眼瞼下垂などが原因で、まぶたが極度にくぼんだ「くぼみ目」になる人もいます。
こうした方は、普通に埋没法や切開法をするだけでは、二重まぶたにならないことがあります。
どうしたらいいかは、このコンテンツを読めばわかります。

手術で二重まぶたにならないことがあるくぼみ目は実はヒアルロン酸が効果的

上まぶたと同じように、下まぶたもたるみや脂肪を取ることができます。
たるみ取りの場合、まつ毛の生え際のギリギリ下を切開し、余分な皮膚を取り除きます。
皮膚を取りすぎたりすると、下三白眼や下まぶたの外反による粘膜の露出が起こるので、注意が必要です。
加齢とともに現れる目の下の脂肪のふくらみを、目袋と呼びます。
脂肪はたるみ取りの手術でも取り除けますが、脂肪取りのみを行う場合は、下まぶた裏側の粘膜をCO2レーザーで切開します。
目袋が平らになると、埋もれていた涙袋がわかるようになり、より若々しく見えるという効果もあります。
上まぶた同様、最適な方法は元の状態によって異なるので、次のコンテンツを読んでから、医師ときちんとカウンセリングしましょう。

下まぶたのたるみ取り手術を安心して受けるための基礎知識
下まぶたの脂肪取りで若々しさを取り戻す手術の基礎知識 

6.まとめ

「眼瞼下垂」、「涙袋形成」、「目頭切開」、「目尻切開」、「タレ目形成」、「たるみ・脂肪取り」、それぞれの手術のアウトラインがわかったでしょうか。
どれも、二重まぶたと同じくらい効果がある目もとの手術ですが、どれなら目もとがより魅力的にみえるようになるのかは、自分ではなかなか判断しにくいものです。
その意味では、リンク先のコンテンツを読むなどして、正しい知識を持った上で、信頼できる医師にカウンセリングするのが、もっとも近道かもしれません。