美容整形のことならミキペディア

【まとめ】二重まぶたから豊胸まで美容整形の基礎の基礎がわかる

Surreal abstract geometric floating wooden cube with word "BASIC" concept float on wood floor white background

美容整形をやってみたいと思ったら、多くの人はまずネットで調べるでしょう。

ネットには、気が遠くなりそうな量の、美容整形についての情報があふれています。
その中から正しいものを見つけ、さらに自分に適切なものを選び出すには、すさまじいほどの労力が必要です。
この記事とリンクしたコンテンツを読めば、クリニックや医師の選び方、カウンセリング、そして薬と、美容整形の基礎が全てわかるはずです。
美容整形の初心者なら、ぜひ読むことをおすすめします。

1.クリニックや医師の選び方がわかるコンテンツ

「二重まぶたになりたいな」
「もっと鼻を高くしたい」
美容整形をしたいと思ったとき、なんでも聞ける経験者が身近にいなければ、まずネットで調べようとするでしょう。
ただ、フェイクニュースではありませんが、ネットには間違った情報が多いのもまた事実です。
いい美容整形クリニックや名医を探すときに、ネットに書かれた情報をどうやって読み取ったらいいかを整理したのが、このコンテンツです。
また、ネットでは美容外科医の詳しい評価や、口コミ、ランキングまで見ることができます。
同じ医師に、高い評価と低い評価の両方がある原因には、実は患者自身の要望がありました。
読めば、ネットの美容整形関係の記事の見方が、確実に変わります。

ネットでいい美容整形クリニックや名医を探すコツ
美容外科医の評価に差があるのは患者の過度な要望が原因?

1-1.自分に合う治療の選び方

自分が望んでいるようにしてくれる医者を探して、美容整形外科を複数まわると、クリニックによって違う治療をすすめられて、迷ってしまうことがあります。
一方で、美容整形についての正しい知識を知らないまま、納得できないまま手術を受けていては、修正手術が必要になることもあります。
異なる治療をすすめられて悩むのも、修正手術を受けなければならなくなるのも、医者自身の知識や技術の不足などの問題があります。
とはいえ、自由診療である美容整形では、どのクリニックで、どんな治療を受けるのか、決めるのは患者自身です。
自分はなぜ美容整形を受けたいのか、きちんと考えることも、患者側には必要かもしれません。
さらに、二重まぶたや豊胸などの一般的な美容整形の知識だけでなく、修正手術をも知ることは、適切な治療を選んでリスクを回避することにつながります。
次のコンテンツを読めば、きっと役に立つはずです。

美容整形ですすめる治療が正しいのかはココで判断すべき
修正手術にメリットなし!美容外科業界の現状を知りリスク回避を

1-2.美容整形の適正料金を考える

一般的に、美容整形は高額、というイメージがあります。
その一方で、ものすごく安い料金を打ち出しているクリニックもあるので、素人にはどれが美容整形の適正料金なのかわからず、ただ悩んでしまいます。
以下のコンテンツでは、美容整形の料金について、医師が解説しています。
また、最近は海外で美容整形を受ける人も多くなっています。
韓国やタイなど、アジアで美容整形を受ける場合、安価というのも理由の1つと考えられます。
ただ、アジアに限らず、欧米で受ける場合でも、多くの美容整形トラブルが報告されています。
海外での美容整形はなぜトラブルになりやすいのか、その理由を説明します。

美容整形の料金は高い?安い?適正価格を医師が徹底解説
本当は危ない!?海外での美容整形手術はリスクがいっぱい

2.カウンセリングがわかるコンテンツ

二重まぶたでも豊胸でもアンチエイジングでも、どんな美容整形でも、手術前のカウンセリングがとても大切です。
とはいえ、予約はどうしたらいいのか、どんな服装で行けばいいのかなど、具体的にどんなことに注意すればいいのかというと、わからないことが多いものです。
美容整形のカウンセリングについて、受ける前に知っておいたほうがいいことをまとめました。
予約する前に、ぜひ目を通しておいてほしいコンテンツです。

美容整形の成功はカウンセリングで決まるは言い過ぎではない

2-1.美容整形で後悔しないために知っておきたいこと

手術前のカウンセリングは、美容整形では手術そのものと同じくらい大切です。
カウンセリングでは、自分がどうなりたいかを医者にわかりやすく伝えるため、写真や切り抜き、デジタル画像などを用意する方もいます。
とはいえ、
「二重の幅は、目を開けた状態で絶対に2mm以上」
「鼻を高くして、鼻先は下向きの矢印みたいに下げて」
など、あまり細かい部分にこだわり過ぎると、似合わなくて不自然に見えたり、周りの人から不評で、
「整形する前のほうがよかった」
と言われたりすることもあります。
細かな要望通りに手術すると、70%ぐらいは不自然になるという話もあります。
美容整形で後悔しないために、ぜひ知っておいてほしいのが、「美の黄金比率」です。
ただ、不自然になるのは、知識や技術の不足など、医者自身に問題がある場合もあります。
医者はカウンセリングにどのように向かっているのか、以下のコンテンツを読めばよくわかります。
自分が本当はどうなりたいのかを、改めて知るのがカウンセリング。
どうしようかあれこれ考えるところから、美容整形は始まっているのかもしれません。
限られた予算に合わせる方法もわかります。

美容整形のカウンセリングでわかる自分が本当になりたいもの
自然で似合うかわいい顔に限られた予算でもなる方法を医師と考える
美容整形で目指すべき顔の秘密は『美の黄金比率』にあった!
美容整形のカウンセリングはリスクは言ってもお世辞は言わない真剣勝負

2-2.美容整形にまつわるウワサを検証

美容整形についてあまり詳しくない初心者の人は
「ネットに書かれていたんですけど、整形は1度やると、一生メンテナンスしないといけないんですよね」
と思い込んでいたりします。
メンテナンスは真実か、そもそもメンテナンスとはどういう意味か、医師がしっかり解説したのがこのコンテンツです。
カウンセリング時に、世間話のつもりで
「芸能人の○○は整形?」
と聞きたくなるかもしれませんが、クリニックの信用問題にもかかわるので、医者は答えることはできません。
また、美容外科クリニックが混むシーズンと混まないシーズンについても説明しているので、予約の目安になります。

美容整形すると一生メンテナンスしなければならないは真実か医師が解説
芸能人の顔になりたい!あの人は整形?芸能人と美容整形のフシギ関係

3.美容整形に関係がある薬がわかるコンテンツ

美容整形は医療行為なので、施術では麻酔を使うし、術後は痛み止めや抗生剤を処方する場合があります。
手術の前に、服用を中止してほしい薬もあります。
こうした、美容整形に関係する薬品のことがわかるコンテンツです。

3-1.麻酔について

麻酔には、手術などの痛みを取り除くという意味があります。
この麻酔は、腫れや傷の治りにも影響するので、手術の仕上がりをより美しくするという効果もあります。
美容整形のそれぞれの施術が、どんな麻酔方法なのかもわかります。

美容整形の麻酔を理解すれば仕上がりはもっと美しくなる

3-2.痛み止めについて

当クリニックでは、二重まぶたなどの手術後に痛み止めを処方していますが、これらについてまとめたコンテンツです。
美容整形のそれぞれの手術の後、何という痛み止めが処方されるのかがわかります。
術後の痛みの感じ方には、個人差がありますが、痛み止めをきちんと理解すれば、安心して美容整形の手術を受けることができます。
痛み止めについての、よくある質問にも答えています。

二重まぶたなど美容整形の手術後の痛みは薬でコントロールする

3-3.抗生剤について

美容整形の手術後は、抗生剤が処方されますが、これは絶対に飲まなければならないものなのか、疑問に思う人もいるでしょう。
飲まなくてもいいなら、なぜ抗生剤が処方されているのかという問題もあります。
さらに、授乳中の美容整形と服薬や、内出血が早く引く薬についてもふれています。

美容整形後の抗生剤など薬との関係を医師と改めて考える

3-4.血液をサラサラにする薬について

心臓や血管の病気にかかっていたりする人は、「血を止まりにくくする薬」「血液をサラサラにする薬」と呼ばれる抗凝固薬や抗血小板薬を、医師に処方されて内服している場合があります。
このような薬は、美容整形の手術を受ける前に、服用を中止をする必要があります。
血液をサラサラにする薬とは、具体的にどのようなものなのか、どんな手術の前に服用を中止しなければならないのかがわかります。
中止するタイミングや、再開する方法についても書かれています。

美容整形の手術前に服用を中止しなければならない薬がある

4.まとめ

クリニックや医師の選び方、カウンセリング、そして薬と、美容整形の基礎がわかったでしょうか。
特に、手術そのものと同じくらい大切な美容整形のカウンセリングについて、ここまでていねいな解説は、他ではほとんど見られないと思います。
麻酔などの薬に関する注意も、美容整形が医療行為である以上は当たり前のことですが、このように改めて説明されると、なるほどというしかありません。
美容整形ビギナーだけでなく、よく知っているという方にも、ぜひ読んでほしいコンテンツです。

関連記事
No articles