美容整形のことならミキペディア

美容整形後の抗生剤など薬との関係を医師と改めて考える

pixta_31483421_S

病院で処方される薬への関心が高い今、美容整形手術後の抗生剤を疑問に思う方もいるでしょう。
妊娠中は美容整形の施術をお断りしてますが、薬に関しては授乳中も心配です。
このような、美容整形と薬との関係を改めて考えてみました。

1.美容整形手術後の抗生剤は絶対に飲まなければならない?

「授乳中で、手術後の抗生剤を飲みたくないので、抗生剤なしにしたいのですが、それが原因で感染するとか問題が起こることはありますか?」
「過去に、抗生剤でアレルギーが出たことがあるのですが、手術後の抗生剤はどうしたらいいですか?」
「抗生剤を飲むとお腹の調子が悪くなって下痢をするのですが、どうしたらいいですか?」
「抗生剤で胃が悪くなるのですが」
カウンセリングで、こうした質問をされることがあります。
結論からいうと、手術後の抗生剤には重要性がないので、飲めない事情がある人、飲みたくない人は、無理に飲む必要はありません。
授乳中で、なるべく授乳を止めたくない場合は、抗生剤を飲まなくても大丈夫です。
過去に、抗生剤で薬疹や粘膜浮腫などのアレルギー症状が出たことがある人は、抗生剤の種類を替えて処方することもできます。
ちなみに、当クリニックでは術後の抗生剤に、フロモックスなどのセフェム系抗生剤、アモキシシリン、アモペニキシンなどのペニシリン系抗生剤を投与することが多いです。
これらの薬でアレルギーが出たことがある人は、テトラサイクリン系のミノマイシン、ミノトーワなどに替えることができます
何の薬でアレルギーが出たかわからない人や、薬を替えても抗生剤を飲みたくない人は、無理して飲まなくても大丈夫です。
抗生剤を飲むと胃やお腹の調子が悪くなる人も、飲まなくても大丈夫です。

1-1.飲まなくても大丈夫なのはなぜ?

当クリニックでは、昔から、手術後に抗生剤(抗生物質)の内服薬(飲み薬)を処方しています。
二重まぶた・埋没法、切開法、目頭切開などの目もとの手術、シリコンプロテーゼ、小鼻縮小などの鼻の手術、あごのシリコンプロテーゼ、フェイスリフト、豊胸手術など、ほとんどの手術で、術後に3〜5日間程度の抗生剤を処方しています。
手術中、手術後に抗生剤を投与するのは、「術中感染、術後感染の予防投与」、つまり、術後に創部で感染症が起こらないようにするためとされています。
そのため、日本ではさまざまな手術で、抗生剤が投与されてきました。
外科、心臓外科、整形外科、形成外科、耳鼻科などの科でも、手術後に抗生剤の点滴を何日間もしたり、内服薬を投与したりすることが多いです。
しかし、実際には、美容外科や形成外科の手術に関して、「手術後に抗生剤を投与すると感染症が予防できる」というエビデンス、つまり科学的根拠はありません。
要するに、「手術後に抗生剤を投与すると、投与しなかった場合にくらべて、感染症の発生率に有意差があった」という、明らかなデータはないのです。

1-2.抗生剤にはさまざまな副作用やリスクがある

どんな抗生剤も、体質によっては副作用としてアレルギーが出るリスクがあります。
全身に薬疹が出たり、口の中や気道の粘膜が腫れて呼吸困難になったり、アレルギーのアナフィラキシーショックで死亡する可能性もあります。
胃の粘膜が荒れて、胃炎になることもあります。
腸内細菌が死んで悪玉菌が増え、お腹の調子が悪くなって下痢をしたり、逆に便秘になったりすることもあります。
皮膚の常在菌が死んでしまい、他の微生物が増えて、肌が荒れたり、ニキビができたり、真菌症のカンジダ症や水虫になることもあります。
また、抗生剤を長期間投与し続けることで、抗生剤の効かない耐性菌が増えてしまうという問題があります。
将来、何らかの感染症を起こしても、もし耐性菌が原因なら、抗生剤が効かないことになります。
現在、世界では、「抗生剤を投与する場合は、手術から24時間以内が望ましい」という指針がメジャーです。
抗生剤は整形外科の人工関節の手術や、心臓外科の手術などの、感染ハイリスクの手術でのみ24時間以内で投与し、それ以降は投与しないのが主流なのです。

1-3.なぜ抗生剤が投与される?

抗生剤が投与される理由は、健康保険の仕組みと、病院と製薬会社のしがらみによるためです。
健康保険で診察、治療する場合、一部の例外を除くと、治療をすればするだけ保険点数は加算され、病院の収益になります。
患者さんが軽い風邪で来院しても、解熱剤、咳止め、去痰剤、抗生剤などの薬を、たくさん処方することで利益をあげます。
本来、ウィルス性の風邪に抗生剤は無効ですが、「細菌の二次感染の予防のための投与」という建前で処方します。
手術をした後も、「術後感染の予防」という名目で、抗生剤の点滴や内服薬の投与を行い、保険点数を増やし、利益をあげます。
健康保険で必要のない抗生剤を投与しても、患者さんにとっては百害あって一利なしで、得をするのは病院と製薬会社だけです。

1-4.医者が薬を出さないと怒る患者も

昔から、いろいろな手術でたくさんの抗生剤が投与されているので、
「手術後の感染症を予防するために、抗生剤投与は重要なことだな」
と思う人が多いと思います。
さらに、日本には薬神話があり、病院に行けば医者が薬を出してくれるのが習慣で、薬を出さない医者が少数派になってしまうのが現状です。
医者や看護師などの医療従事者も、常に勉強して新しい知識を頭に入れ、何が正しくて何が間違っているか論理的に考える人は、必要でない抗生剤は処方しないことを理解しています。
理屈で考えず、昔から習慣的にやっていることや周りの人達がやっていることが正しいと思っている人は、未だに術後の抗生剤投与は絶対に必要だと考えています。
保険診療で、医者が患者さんに抗生剤を必要以上に処方しても、患者さんは医学の知識が乏しいため、何も言いません。
必要のない薬でも、患者さんにはどの薬が必要でどの薬が必要でないなどわかりませんし、医者が必要と言えばそういうものだと思ってしまいます。
「たくさん薬を出してくれた。医者に大切にされてるのでありがたい」
と喜んでしまう患者さんもいます。
むしろ、医者が軽い風邪で受診した患者さんに、
「解熱剤も抗生剤も必要ないのでお出ししません」
「水分をしっかり摂って、安静にしてるだけで治りますよ」
と言って薬を出さないと、
「あそこの医者は薬を出してくれなかった!」
と、怒ってしまう患者さんもいます。
もし、美容整形手術の術後の抗生剤を処方しないと、
「なんでここのクリニックでは、術後に抗生剤を出してくれないのですか!」
「○○クリニックで手術したときは術後に抗生剤を出してくれたのに、なんでここのクリニックでは出してくれないのですか!」
「術後に抗生剤も出さないなんて、ひどい扱いですね!」
と、怒ってしまう方も多くいると思います。
当クリニックでは、術後に最低限の抗生剤を処方してます。
もし抗生剤を飲むことを望まないなら、医師に伝えてください。

2.授乳中の美容整形と薬について

授乳中の方は、医学的にはほとんどの美容整形が施術可能です。
ただ、出産後や授乳中はデリケートな状態なので、広範囲の脂肪吸引などの体に大きな負担となる治療は、授乳が終わってから行うことをおすすめします。
また、ボトックス・ボツリヌストキシン注射は、授乳中の方への使用は控えるという指針なので、お断りしてます。
薬に関しては、たとえば二重まぶたのミニ切開法の手術をする場合、手術中に局所麻酔の注射を行い、術後に消炎鎮痛剤と抗生剤の内服薬を出しています。

2-1.局所麻酔薬について

局所麻酔薬は、通常は歯医者さんなどでも使うリドカインを使用します。
体内に残っている薬が半分になるまでの時間である半減期は、1.5〜2.0時間です。
使用後は、多少母乳中に移行すると言われていますが、美容整形の手術で使用するのは極少量です。
半減期を考えると、手術の翌日には体内にほとんど残っておらず、母乳中にもほとんど含まれないことになります。
私(高須幹弥)の患者さんに関しては、念のために手術した当日は授乳しないようすすめることが多いです。
微量のリドカインが、母乳中に移行して乳児が摂取したとしても、特別害は生じないと言われているので、万が一当日に授乳しても、まず問題はないとされてます。

2-2.消炎鎮痛剤について

術後の内服薬としては、消炎鎮痛剤のロキソニンやレトラックという薬を出しています。
どちらの薬も、内服すれば極少量が母乳中に移行すると言われてますが、半減期は約2時間と短いものです。
私の患者さんには、念のために内服した日は授乳しないようにすすめています。
万が一内服した日に授乳しても、まず問題はないとされてます。

2-3.抗生剤について

術後の内服薬としてはもう1種、抗生剤を出しています。
主にサワシリン、アモキシシリンという、ペニシリン系の内服薬です。
これらの薬も、内服すれば極少量が母乳に移行すると言われていて、半減期は約1時間です。
私の患者さんには、やはり、念のために内服した日は授乳しないようにすすめます。
万が一内服した日に授乳したとしても、まず問題はないとされます。
ただ、術後の抗生剤はあくまで予防的投与なので、必ず内服しないといけないというものではありません。
なるべく断乳したくないという方は、抗生剤の処方をせず、翌日から普通に授乳してもらうこともあります。

3.内出血が早く引く薬について

当クリニックでは、内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」を常備しています。
ケラスキンクリームの外用剤名は、ナノ脂質封入ラクトフェリンです。
主成分は、ラクトフェリンをナノ脂質(リポソーム)に封入したもので、皮膚に浸透しやすいクリームです。
ラクトフェリンとは、母乳や涙、汗、唾液などの分泌液に含まれる、鉄と結合しやすい糖タンパク質です。
内出血の色は、赤血球中のヘモグロビンに含まれる鉄が大きな原因です。
ラクトフェリンは、鉄と結合して排出する作用が非常に強いので、内出血の色を早く消す効果があります。
また、ラクトフェリンには、抗炎症作用や抗菌作用、抗酸化作用もあります。
サイトカインを抑制して、内出血した部位に白血球をたくさん集めたり活性化したりするのも防ぐので、内出血の回復効果が期待できます。
当院では、ヒアルロン酸やボトックスなどの注射による治療では、極細の注射針を使用して、細心の注意で行っているので、内出血は起こりにくくしています。
それでも体質などで、まれに内出血が起こることがあります。
目もとの手術や若返り手術などでも、内出血が生じることがあります。
内出血が生じると、通常、治まるまでに1週間程度かかり、長い場合は2週間かかることもあります。
その場合、ケラスキンクリームを用いることで、早く内出血を引かせることができます。
抜糸後なら、薬を塗布した後にメイクをすることもできます。

4.まとめ

手術後の抗生剤は、無理に飲む必要はありません。
手術後に抗生剤を投与すると感染症が予防できるとされますが、エビデンスはありません。
抗生剤には、アレルギーというリスクがありますし、投与し続けることで、抗生剤の効かない耐性菌が増えるという問題があります。
ただ、日本には薬神話があるので、薬を出さない医者が少数派になってしまっているのが現状です。
授乳中の方は、医学的にはほとんどの美容整形が施術可能です。
ただ、デリケートな状態なので、体に大きな負担となる治療は、授乳が終わってから行うのをすすめしますし、ボトックス・ボツリヌストキシン注射はお断りしてます。
薬は、手術では局所麻酔を行い、術後に消炎鎮痛剤と抗生剤の内服薬を出しますが、手術当日や内服した日は授乳しないようすすめます。
万が一手術当日や内服した日に授乳しても、問題ない薬にしてます。
術後の内出血は、治まるのに1〜2週間かかりますが、早く引く薬もあります。