美容整形のことならミキペディア

手術で二重まぶたにならないことがあるくぼみ目は実はヒアルロン酸が効果的

pixta_17097685_M

目の上が極度にくぼんだ「くぼみ目」の人は、二重まぶたの手術をしても二重にならないことがあります。
原因には遺伝や骨格、体重の変化などいろいろなものがあり、複数の原因が重なっていることもあります。
また、体重の変化と美容整形についても解説します。

1.目の上がくぼむくぼみ目はヒアルロン酸注入で二重まぶたに

二重まぶた・埋没法や切開法希望のカウンセリングをしていると、まれに目の上が極度にくぼんでいる、いわゆる「くぼみ目」の方に遭遇します。
目の上が極度にくぼんでいると、二重まぶたの手術ができないことがあります。
そもそも二重まぶたというのは、目を開けたときにまぶたの皮膚が二重のラインで折れ曲がり、ラインに上の皮膚がかぶさることで形成されます。
目の上が極度にくぼんでいると、目を開けても上まぶたの皮膚がどこも折れ曲がらないので、二重になりません。
埋没法や切開法を行って二重のラインを形成しても、目を開けたときにラインの上へかぶさる分のまぶたのボリュームがないため、やはり二重にはなりません。
極度に目の上がくぼんでいる人は、目の上のくぼみにヒアルロン酸を注入してボリュームを足すと、二重まぶたになります。
ただ、ヒアルロン酸は2年くらいで大部分がなくなってしまうので、二重まぶたを維持するためには定期的にヒアルロン酸を入れ続ける必要があります。

1-1.眼瞼下垂でくぼみ目になることもある

もともと二重の人でも、極端に痩せたり、加齢によって目の上がくぼんだりしてガイコツのような目になると、ラインに皮膚がかぶさらなくなり、二重でなくなることがあります。
このように、目の上がくぼむ原因には、
・遺伝的なもの
・骨格的なもの
・痩せて、目の上の脂肪が萎縮した場合
・老化により、目の上の脂肪が萎縮した場合
などがあります。
昼間は目の上がくぼんでいないけれど、夕方になるとまぶたのむくみが引いて、目の上が強くくぼむタイプの人もいます。
こうした方に埋没法や切開法を行うと、二重にはなります。
ただ、夕方になると目の上がくぼんで、二重のラインが浅くなったり、一重になったりすることがあります。
次の日の朝には、また二重に戻ります。
このタイプは、痩せたり加齢したりで目の上がさらにくぼむと、1日中二重まぶたでなくなることがあります。
ただ、ヒアルロン酸を注入すれば、二重になります。
また、目の上がくぼんでいる人の中には、眼瞼下垂(がんけんかすい)の人もいます。
眼瞼下垂になると、まぶたの開きが悪くなるので、目と眉の間隔が広くなります。
まぶたを開けようとして、無意識に眉を上げようとするので、目と眉の距離がさらに広がります。
これが原因で、目の上がくぼむことがあります。
この場合、眼瞼下垂の手術をすると、くぼみが解消し、二重まぶたになることがあります。
ただ、目の上のくぼみは、1つの原因だけでなく、複数の原因が重なっていることが多いです。
くぼんでいる原因が眼瞼下垂だけでなく、脂肪のボリュームも足りない場合は、二重まぶたにするために、ヒアルロン酸注射も必要になることがあります。

1-2.くぼみ目の症例

◆ヒアルロン酸を注入して二重のラインがはっきりした症例

ba_kubomi05_b
Before
ba_kubomi05_a01
After
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/eye/kubomi002.html

痩せているために目がくぼみやすかった方です。
夕方になって疲れてくると、さらに目が落ちくぼんでやつれたようになり、10歳以上老けて見られるのが悩みでした。
まぶたの上のくぼんでいる部分に、ヒアルロン酸1本を左右に半分ずつ、つまり各0.5cc注入しました。
もっとふくらませることもできますが、自然な仕上がりを考えました。
くぼんでいたことであいまいになっていた二重のラインがはっきりし、目もと全体が若々しく華やかになりました。
人から「疲れてるの?」と言われることもなくなったそうです。

◆眼瞼下垂の手術でまぶたのくぼみを解消して二重を作った症例

ba_ganken40_b
Before
ba_ganken40_a01
After(6ヶ月後)
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/eye/ganken018.html

30代の女性です。
二重まぶたにして目を大きくしたいという要望でした。
上まぶたの脂肪が少ない上に、眼瞼下垂を呈していて、目の上が大きくくぼんでいました。
この方のようにまぶたが大きくくぼんでいると、二重のラインの上にかぶさるボリュームがありません。
埋没法、切開法などの手術では、二重を作ることができません。
まず、眼瞼下垂の手術をしてまぶたの開きをよくし、腫れが引いた後に必要に応じて上まぶたのくぼみにヒアルロン酸を注射することにしました。
眼瞼下垂の手術は、二重のラインがあったと思われるしわの位置で切開して、黒目が8割くらい見えるようにまぶたの開きをよくし、内部処理をして二重のラインを作りました。
眼瞼下垂の手術をして6ヶ月の時点では、まぶたの開きがよくなったことで目から眉までの距離が近くなり、まぶたのくぼみも少し解消して、きれいな二重のラインができました。
まぶたのくぼみはまだ少しありますが、ヒアルロン酸注射の希望はなかったので、そのままにしました。

2.ダイエットと美容整形の手術はどちらを先にする?

ダイエットと、切開法や鼻の手術などの順番を考えると、美容整形は痩せてからしたほうがいいでしょうか。
ほとんどの美容整形の手術は、太っている、痩せているに関係なく、自分がやりたいと思ったときにやればいいです。

2-1.二重まぶたの手術はいつやってもいい

目の手術に関しては、まぶたの脂肪の厚みは体重によって増減しますが、痩せてから手術したほうがいいということは特別ありません。
二重まぶた・埋没法は、まぶたの脂肪が少ないところで留めたほうが取れにくくなります。
ただ、通常埋没法で留める部分は、体重の増減が皮膚の厚みにあまり影響しないので、ほとんど関係ありません。
埋没法で留める部分のまぶたは、もともと厚い人は太っていても痩せていても厚いし、もともと薄ければ太っていても痩せていても薄いです。
埋没法は体重の増減とは関係なく、取れにくい人は取れにくいし、取れやすい人は取れやすくなります。
切開法についても、痩せてから手術したほうがいいわけではありません。
太っている人も痩せている人も、きれいな二重になるために取ったほうがいい眼窩内(がんかない)脂肪やROOF(眼輪筋下脂肪組織)の量は、ほぼ決まっています。
ただ、脂肪組織は太っているときは肥大していて、痩せているときは萎縮しています。
そのため、太っているときに手術すると取る脂肪の量が多く、痩せているときに手術すると少なくなります。
眼瞼下垂の手術に関しても、切開法と同じ理由で、痩せてからしたほうがいいということはありません。
目頭切開、目尻切開、タレ目形成などは、太っていても痩せていても大きな影響を受けない部位の手術なので、いつ行っても大丈夫です。

2-2.痩せてからやったほうがいいのは骨を削る輪郭形成手術など

鼻や唇、耳の手術に関しても、痩せてからしたほうがいいということは特別ありません。
鼻や唇、耳は、太っていても痩せていても皮下脂肪の厚みがほとんど変わらないなど、体重の増減の影響を受けない部位です。
そのため、太っているときに手術しても、痩せているときに手術しても、結果はほとんど変わりません。
頬骨削り、エラ骨削り、あご骨削りなどの輪郭形成の手術については、痩せてからしたほうがいいです。
太っているときと痩せているときでは、輪郭周りの皮下脂肪の厚みに大きな変化があり、形も変わるからです。
痩せて皮下脂肪を落としてすっきりしてから手術したほうが、よい結果になります。
ただ、エラボトックス・ボツリヌストキシン注射や、小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスは、太っているときに施術しても問題ありません。
しわへのヒアルロン酸やボトックス・ボツリヌストキシンの注射、ウルセラやサーマクールなどの照射系治療、イタリアンリフトやゴールデンリフトなどの糸のリフト、ミニリフトやフルフェイスリフトなどの切るリフトアップなどの若返り治療に関しても、痩せてからしたほうがいいわけではありません。
シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術やマンマリーヒアル(ヒアルロン酸豊胸)も、痩せてから行ったほうがいいということはありません。
脂肪注入による豊胸は、極端に痩せてから手術する場合、吸引する脂肪が足りないことがあります。
バストの脂肪注入は、気になる部位の脂肪を吸引し、注入して膨らませる手術なので、ある程度は余分な脂肪が必要です。
脂肪吸引やイタリアンメソシェイプなどの痩身治療に関しては、痩せてから治療したほうがいいことがあります。

3.まとめ

目の上が極度にくぼんだ「くぼみ目」の人は、手術をしても二重まぶたにならないことがあります。
もともと二重の人も、極端に痩せたり加齢したりして目の上がくぼむと、皮膚がラインにかぶさらなくなり、二重でなくなることがあります。
昼間は二重なのに、夕方になってまぶたのむくみが引くと一重になるタイプもあります。
くぼみ目の人は、目の上のくぼみにヒアルロン酸を注入してボリュームを足すと、二重まぶたになります。
また、眼瞼下垂がくぼみ目の原因になることもあるので、この場合は手術をすると二重になることがあります。
一般的に美容整形は、痩せてからしたほうがいいのでしょうか。
目の手術に関しては、まぶたの脂肪の厚みは体重で増減しますが、痩せてから手術したほうがいいというわけではありません。
埋没法で留める部分は、皮膚の厚みに体重の増減が影響しないので、あまり関係ありません。
切開法についても、太っているときは取る脂肪の量が多く、痩せていると少なくなるだけです。
他の鼻や唇の手術も、痩せてからしたほうがいいということは特別ありませんが、頬骨削り、エラ骨削り、あご骨削りなどは、痩せてからしたほうがいいです。