美容整形のことならミキペディア

二重まぶた手術後の満足度を左右するのはなりたい幅や形だった!?

healthcare and medicine: young doctor doing ok gesture

昔、二重まぶたを希望する患者さんは、ただ「二重にしてください」としかいいませんでした。
ところが最近では、自分のなりたい幅や形を細かく求めるようになりました。
ただ、それによって、手術後の満足度が違ってくるようです。
あわせて、美容整形で男受けする顔になるためのポイントも考えてみました。

1.美容整形で本当に満足する二重になるには

二重まぶた切開法を希望する方は、3つのタイプに分かれていることに気づきました。

1-1.二重の手術希望者には3つのタイプがある

1つめは、「先生はたくさんの患者さんを診てきて、たくさん手術しています。
二重の幅がどれくらいで、どういう形にすればいいのか、先生が一番わかっていると思います。
二重のデザインは、先生におまかせします。
一番自然で、私の顔に似合った二重にしてください」
と、100%私にゆだねてくれる患者さんです。
2つめは、好きな芸能人を挙げて、「○○さんみたいな二重にしてください」や、雑誌の切り抜きやスマホの写真を見せて、「こういう二重にしてください」などと、自分のなりたい二重の幅や形がはっきりしているタイプです。
私は、「あなたの顔の土台、まぶたの厚み、開き具合だったら、こうした二重にする方が自然で似合いますよ」と、異なる二重を提案します。
結果的に、患者さんの希望の二重と私の提案の中間で手術します。
3つめは、好きな芸能人や写真と同じ二重を希望し、それに対して私が、本人に似合う二重を提案するまでは、2つめのタイプと同じです。
ところが3つめのタイプは、「私はこの二重でないと絶対に嫌です」と、自分の希望を断固としてゆずりません。
結果、私ができる限りがんばって、希望された二重に近づけます。
この3つのタイプで、手術後の満足度がもっとも高いのは、1つめの「100%医者にデザインをゆだねた人」です。
まぶたの厚さ、開き具合、蒙古ひだの張り具合、骨格などを考慮して、自然でその人にもっとも似合う幅、形で手術すれば、必ずきれいに仕上がるからです。
友人や家族からも、「すごく自然な二重だね」「かわいらしくまたはカッコよくなったね」と絶賛されることが多いです。

1-2.満足度が低いのはなりたい二重をゆずらない人

逆に、患者さんの満足度がもっとも低いのは、3つめの「自分のなりたい幅、形の二重をゆずらなかった人」です。
なりたかった芸能人や写真の、まぶたの厚さ、開き具合などが、たまたま自分と似ていれば、なりたい二重とほぼ同じになるので、満足度は高くなるでしょう。
しかし、なりたかった芸能人や写真のまぶたの厚さ、開き具合などが、自分と大きく異なると、手術に無理が生じ、仕上がりに不自然さが出ることがあります。
不自然な仕上がりの例を、具体的に挙げます。
●まぶたが厚い人が幅広い二重にした場合
・二重のラインの下の皮膚がぷっくりしてまつ毛の生え際にかぶさる
・目を閉じた状態だと切開線が食い込んだり、切開線の下がくぼんだりして目立つ
・二重のラインの上の分厚い皮膚が折れ曲がり、まぶたの厚ぼったさがかえって強調される
●まぶたの開きが悪い人が幅広い二重にした場合
・まぶたの開きがさらに悪くなり、眠たそうな目になる
・二重のラインの内側(目頭側)と外側(目尻側)が途中で途切れ、尻切れとんぼになる
患者さんの友人や家族からも不評で、「不自然だよ」「整形してるのが丸わかりだよ」「整形する前のほうがかわいらしいまたはカッコよかった」「手術した医者が下手なんじゃないの?」「完全に手術失敗だね」と言われてしまいます。
「自然で自分の顔に合った二重になりたい」「他人から見て整形だとわかるのは嫌」「すっぴんの顔も自然にしたい」という人は、自分のなりたい幅や形の二重を求めるだけでなく、技術、経験、センスのある医者のアドバイスも聞く必要があります。
ただ、「すっぴんの顔は他人に見せないので、化粧したときの顔がよければいい」「整形っぽくなってもいいので、自分のなりたい二重にしたい」「整形するなら、はっきりとした二重にしたい」という人は、自分の希望する幅や形の二重にしても問題ないでしょう。

1-3.なりたい幅や形を細かく求め出したのは最近

実は、二重まぶたの希望者が、カウンセリングのときに自分のなりたい幅や形を細かく求めるようになったのは、最近のことです。
2005年くらいまでは、ほとんどの方はカウンセリングのときに、ただ単に、「二重にしてください」としかいいませんでした。
医者がまぶたの状態を診て、本人に似合った自然な二重を作れば、皆さん喜んでくれました。
最近は昔とくらべて、芸能人やモデルの二重についての情報が細かく提供されたり、ネットや友だち同士で語られたりするようになりました。
ファッション雑誌では特集が組まれて、「二重の幅は、目を閉じた状態で真ん中が○mm、目を開けた状態で目頭側が○mm、黒目の中心が○mm、目尻側が○mm」のように、人気モデルの二重の幅や形を細かく分析しています。
こうした時代背景もあって、最近の患者さんは、自分のなりたい二重の幅や形を細かく要望するのだと思います。
ただ、希望する幅や形が細かければ細かいほど、手術の難易度は上がります。
一部の美容外科の先生は、二重の幅や形のあまりに細かい要望は、「あなたの希望する二重を作ることはできません」と、手術を断ることもあると思います。
年配の先生だと、若者の美的感覚やセンス、希望の細かさについていけず、断ることが多いでしょうが、これも大事な意見だと思います。

1-4.自然な二重の基準も人によって異なる

1つ注意したいのが、カウンセリングのときに、「自然な二重にしてください」 と言われた場合、「自然な二重」の定義が人によって異なるということです。
たとえば、「ギャル系モデルみたいな自然な二重にしてください」と言う方もいれば、「ギャル系モデルみたいな不自然な二重になるのは嫌です」と言う方もいます。
日本人にとって本当に自然な二重は、いわゆる清純派女優のような、幅の狭い末広型の二重です。
しかし、ギャル系ファッション雑誌の人気モデルたちは、幅の広い平行型二重です。
二重まぶた希望の10〜20代の女性の7割は、この形の二重を望みます。
この方たちにとって、自分がバイブルとしている雑誌のモデルたちの二重こそが、理想とする「自然な二重」なのです。
「○○みたいな、自然でかわいい二重にしてください」「○△みたいな、自然ないやし系の二重にしてください」と、ギャル系モデルの名前を出します。
自然な二重の定義が崩れつつあるというか、ファッションのジャンルで細分化されてきたのでしょう。

2.美容整形で男受けする顔になるには

若い女性のカウンセリングをしていると、ときどき、「私、男受けする顔になりたいんです」「どうしたら男受けする顔になれますか?」と聞かれます。

2-1.男受けするのは清楚でおしとやかな女性

男受けする顔とは、どんな顔でしょうか?
一般的に、男は派手で自己主張が強そうな女性よりも、清楚でおしとやかな女性を好みます。
太古の昔から、男は狩りに出て獲物をとって女を養い、外敵に襲われそうになったら、体をはって女を守るという生活が続いてきました。
男は本能的に「守ってあげたい」と思わせる女性を好むのでしょう。
ただ、現代の日本は、男が狩りに行かなくても、食べ物はスーパーで買えるし、戦争をすることもなく、治安がいいので、外敵に襲われる心配もほぼありません。
その上、男性より仕事ができる女性も多くなり、男が女を守るという図式が崩れてきました。
「女性を守ってあげたい」ではなく、「女性に守ってほしい」「女性にぐいぐい引っ張ってほしい」「女性に養ってほしい」と考える男もいます。
ただ、そのような男でも、本能では、「女の子を守ってあげて、頼られたい」と思っているので、本当は清楚でおしとやかな女性が好きなのです。
男性の性格によって、多少は女性の好みが変わります。
たとえば、自己顕示欲が強く、見栄っ張りな男性は、背が高く、モデルのようにスタイルのいい、カッコいい系の女性を好む傾向があります。
こうした男性は、スタイルのいい美人を連れ歩いて、他人に見せびらかしたいのです。
チャラ系の派手な男性は、自分と趣味が似た派手な女性を好む傾向にあります。
アニメ好きのヲタ系の男性は、萌え系のアニメのキャラクターのような、小柄で幼い感じのロリ系の女性を好む傾向があります。
しかし、大多数の男性は、清楚でおしとやかな女性を好みます。
男受けするには、清楚な女性を目指すべきです。

2-2.美容整形で男受けする顔になるための鉄則

美容整形に訪れる若い女性の半数は、清楚な美人を目指しています。
残りの半数はギャル系や派手系で、派手なメイクが似合う顔を目指して整形します。
派手系の患者さんは、アイラインを引いても、しっかりわかるような幅の広い平行型の二重や、眉間から生えたように高くて、先が下向き矢印のような鼻を希望します。
こうした顔は、同じ系統の女性には受けますが、男性や違う系統の女性にはあまり受けがよくありません。
男性受けする清楚な美人は、派手さがなく、自然で安心感のある顔です。
そのような顔に美容整形するための鉄則は、2つあります。
1つは、その人の顔の土台に合った、無理のない、自然で似合う整形をすることです。
もう1つは、必要最低限の整形にとどめることです。

2-3.平行型も末広型も男性はこだわらない

最近の若い女性は、清楚系も派手系も、求めるパーツの形に共通点があります。
つまり、
・二重は平行型じゃないと嫌
・蒙古ひだはあまりなく、目頭は斜め下方向に尖っていないと嫌
・つり目が嫌
・正面から見て、鼻の穴が見えるのが嫌
・鼻先が上に向いているのが嫌
・鼻の下が長いのが嫌
・あごがないのが嫌
・(他人から見て全く気にならない程度の)顔の左右非対称が嫌
などです。
なぜ、若い女性はこうしたパーツを求めるのでしょうか?
実は、これらは全て若い女性の間で人気のある女性芸能人の顔の特徴です。
要するに、現代の若い女性に受ける顔なのです。
これらのパーツの特徴は、実は男性にとってはどうでもいいことばかりです。
全体的に清楚で整った、かわいらしいまたは美人な顔立ちであれば、男性は細かいことにはこだわらないのです。
かわいらしくて、その女性に似合っていれば、末広型の二重でも、目頭が丸くても、多少つり目でも、正面から見て多少鼻の穴が見えても、鼻先が多少上向きでも、鼻の下が多少長くても、多少あごがなくても、顔が多少左右非対称でもいいのです。
特に、最近の若い女性は、二重まぶたのカウンセリングのときに、「二重は平行型でなければ絶対に嫌です」ということが多いです。
その方が、たまたままぶたの皮膚が薄く、蒙古ひだが発達していない、平行型二重が自然に似合う顔ならいいです。
まぶたが厚ぼったく、蒙古ひだが発達している典型的な日本人の顔だと、無理して平行型二重を作ると、不自然で整形っぽい目になってしまいます。
そのような方は、平行型二重ではなく、自然な狭い末広型二重にしたほうが似合っているし、男性受けもいいです。

3.まとめ

二重まぶたの手術を希望する方は、3つのタイプに分かれます。
1つは、全て医者にゆだねる方、2つめは、自分の希望と医者の提案の中間で手術する方、3つめは、自分の希望をゆずらない方です。
手術後の満足度がもっとも高いのは、全て医者にゆだねる方、逆に満足度が低いのは、自分の希望をゆずらない方です。
男受けするのは、清楚でおしとやかな女性です。
そういう顔に整形するには、その人の土台に合う、無理がなく自然で似合うようにすることと、必要最低限にとどめることが鉄則です。
最近の若い女性は、二重は絶対に平行型など、求めるパーツの形に共通点があります。
こうすると女性に受ける顔にはなれますが、男性にとってはどうでもいいことです。