美容整形のことならミキペディア

美容整形ですすめる治療が正しいのかはココで判断すべき

pixta_23449275_S

美容整形外科を複数まわると、クリニックによって違う治療をすすめられて、迷ってしまうことがあります。
セカンドオピニオン、つまり別の専門医の意見を聞くという考えが一般的になって、こうした例は増えていきそうです。
医者が問題のこともありますが、患者側に原因がある場合もあるかもしれません。

1.クリニックが違うと治療が異なったり断られたりするのはなぜ?

初診の方のカウンセリングをしていると、ときどき美容外科クリニックを何軒もまわっている人に遭遇します。
そうした方に最も適した手術をすすめると、「よそのクリニックでは違う手術をすすめられた」「クリニックによってすすめられる手術が全然違う」「どの医者もいうことが全然違う」といわれることがあります。
たとえば、まぶたが厚い患者さんに、「私に似合う二重にするにはどうしたらいいですか?」と聞かれ、私が全切開法をすすめたとします。
すると、その方は、○○美容外科では、「あなたの目はウルトラスーパープレミアムクイック脂肪取り埋没法がいいです」、○○クリニックでは、「あなたの目は埋没法6点留めと目頭切開をしないと二重にならない」、○○美容クリニックでは、「あなたの目は眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術をしないといけない」といわれたのだそうです。
「クリニックの先生によっていうことが全然違うから、どの先生のいうことを信じていいのかわからない」といわれます。
また、別の方に「目頭切開の手術を受けたいのですが」といわれ、私が「できますよ」と答えると、「他院に行ったとき、私の目は目頭切開できないといわれた」ということもあります。
クリニックの医者によってすすめる手術が違ったり、実際にはできる手術を他院の医者に、「できない」と断られたりするのには、以下のような理由があります。
(1)医者のセンスの問題
(2)知識がない
(3)技術の問題
(4)商売の問題
(5)医者と患者のフィーリングの問題
(6)礼儀の問題
以下、詳しく説明します。

1-1.医者のセンスの問題

たとえば、清楚な女性が好きで、派手な女子が嫌いな医者のカウンセリングを受けたときに、「モデルの○○ちゃんみたいな、超幅広の平行型二重になりたいです」というと、「そんな二重にしても似合わないし、不自然になるだけだからやめときなさい」といわれ、狭い二重をすすめられることがあります。
私の知る限り、派手な女子のリクエストに否定的なのは、ファッション雑誌などを読んで流行の勉強をしていない医者に多いです。
それ以外にも、白人の金髪女性が好きな医者が、西洋人のような立体的な鼻にすることをすすめたり、巨乳好きな医者が大きなシリコンバッグで豊胸手術するのをすすめたりすることがあります。

1-2.知識がない

医者が勉強不足、知識不足、経験不足なので、患者さんの希望する治療を断り、自分ができる別の治療をすすめるということがあります。
たとえば、目頭切開で切り過ぎた目を、「1.5mmずつ戻して、下向きの蒙古ひだを作ってください」という要望の場合、逆Z法で蒙古ひだ形成をすれば、希望通りの目を作ることができます。
ところが、その医者が逆Z法自体を知らなければ、「そんなことはできません」と、治療を断られることになってしまいます。
このようなケースは主に、
●経験不足の若い医者
●勉強不足の怠慢な医者
●昔の術式ばかりにこだわり過ぎ、新しい治療法を勉強して取り入れようとしない老年の医者
などにみられることが多いです。

1-3.技術の問題

医者に、要望する手術を行う技術や経験がない場合、手術を断るケースがあります。
たとえば、カウンセリングで、「目尻切開をして、目を外側に広げたいです」と要望しても、医者に目尻切開をする技術や経験がなかったりすると、「できない」と断ってしまい、別の自分ができる治療をすすめることもあります。
その場合、正直に、「私は目尻切開をやったことがないのでできません。ごめんなさい」「私は目尻切開は得意ではないので、自信がありません」と話せばいいでしょう。
ですが、プライドの高い医者は、「あなたは目尻切開をすることができないタイプの目をしています」「あなたは目尻切開は向いていないので、やっても効果はありません」などと、あたかも医学的な理由でできないようにいうことがあります。

1-4.商売の問題

「あなたの目はそんな手術よりも、ウルトラスーパー腫れないバレない脂肪取り埋没法4点留めをしたほうが可愛くなれますよ」
金儲け第一主義のクリニックの医者の場合、このように患者さんの希望とはまったく異なる、高い手術をすすめてくる場合があります。

1-5.医者と患者のフィーリングの問題

医者が、患者さんとフィーリングが合わないと、手術を断ってしまうことがあります。
美容整形は、高い治療代金をいただき、健康な体に侵襲を加えて、今より美しくしようとする医学です。
一方で、手術結果に納得しなければ、手術代金の返金を要求されたり、無料での再手術を要求されたり、場合によっては慰謝料を請求されたり、裁判所に訴えられたりする可能性もある、大変リスクの高い医学でもあります。
お金をいただく医者も、トラブルはなるべく避けたいと思っています。
医者が、この患者さんの治療はしたくないと思ったとき、場合によっては、治療そのものを拒否することもあります。
以下、例を挙げます。
●理解力や記憶力が乏しく、手術前に説明したことを理解して記憶することができない方
こういう方の手術をすると、術後、「そんな話は聞いていない」と、水掛け論のトラブルになる可能性があります。
●極度に左右差を気にしたり、細かい変化を望んだりする神経質な方
美容整形は魔法ではないので、コンピューターで絵を描くような完全な左右対称に仕上げることは不可能です。
0.何mm単位で細かい要望をされても対応できないので、術後、「希望通りになっていない!」とトラブルになることがあります。
●非常に攻撃的な性格の方
術後に少しでも気に入らないことがあると、クリニック内で大声を出したり、診察室に長時間居座って脅しをかけたりして、大きなトラブルになってしまうことがあります。
このような方に、「私はあなたの手術をしたくないので、拒否します」と、はっきりいってしまうと、
「手術してもらえると思って、この日のために仕事を休んで来たのに、手術できないのは納得がいかない。手術してくれるまで絶対に帰りません」
「せっかく仕事を休んで来たのに、手術しないなら、休んだ仕事分と交通費を補償してください」
「先生の言葉に傷付いたから、精神的慰謝料を払ってもらいます」
などと、その場でトラブルになってしまうことがあります。
そのため、一部の医者は、「あなたの目は目頭切開は向いていないので、しないほうがいいですよ」
「あなたの目は目尻切開をすることができないタイプの目です」
「この手術をすると、バランスが悪くなるので、しないほうがいいですよ」
などと、まるで医学的な理由で手術ができないという嘘をついて、丁重にお断りしてお帰りいただくということがあります。

1-6.礼儀の問題

年輩の医者などで礼儀にこだわる人は、礼儀がなっていないという理由だけで、気分を害して治療を断ることもあります。
たとえば、
●診察室に入っても帽子を取らない
●顔のカウンセリングなのに、診察室に入ってもサングラスやマスクを取らない
●診察中にガムを咬んでいる
●同伴者が診察室でサングラスを取らない
●年下の患者さんに敬語で話してかけているのに、タメ口で返してくる
などの理由です。

1-7.私のポリシー

このように、他院の医者は、さまざまな理由で、患者さんの希望する手術を、「できない」と断ってしまい、別の治療をすすめることがあります。
そうした方が、私のカウンセリングを受けて、「できる」と言われると、頭が混乱してしまうようです。
私に関しては、患者さんに嘘をついて手術を断ることは絶対にしません。
私のカウンセリングのポリシーは、患者さんの希望を聞いて、それに対してできることとできないこと、その治療に対するメリットとデメリットを正直に話すことです。
無理だったり必要がなかったりする治療はすすめないようにして、最終的に治療をするかしないかは、患者さんの判断にゆだねます。

2.高須幹弥先生のカウンセリングや手術の予約はどれくらい前にすべき?

最近、私を指名してくれる患者さんが多く、大変感謝してます。
インターネットで私のブログをみて、日本全国からたくさんの患者さんが来てくれます。
はるばる中国(中華人民共和国)からも、私を指名してくれます。
おかげで、私の診療日は予約が完全に埋まる日がほとんどです。
年末年始、夏休みなどの混むシーズンは、日によって1ヶ月半前から予約が埋まることもあります。
私を含め、当クリニックのドクターの診療予定は、だいたい1ヶ月半から2ヶ月先くらいまで出てます。
学会や出張などが入るため、これくらい先までしか予定を立てることができません。
ドクターを指名して予約する場合は、当クリニックに電話かメールをしてもらえれば、オペレーターが空いている日を案内します。
ただし、診療日当日や前日でも予約が空いていることがあります。
まれに、カウンセリングや手術の予約だけをして、ほったらかしにする人がいるからです。
ひどい例を挙げると、カウンセリングと同じ日に、目頭切開、二重まぶた全切開法、鼻とあごのシリコンプロテーゼ挿入、耳介軟骨移植をしたいと、メールで予約されたことがあります。
3時間の予約枠を確保しましたが、当日来院せず、電話をかけても切られ、その後一切連絡が取れなくなってしまいました。
こうしたことを防ぐため、予約日の数日前に確認の電話をするようにしました。
すると、確認の電話では、「予定通りに行きます」というのに、当日になっても来院せず、電話しても切られるケースがあるので困っています。
連絡もなくキャンセルするケースは、ブログを始めてから特に増えてきたので、ネットのベビーユーザーほどこういうことをする傾向があるようです。
こうした人のせいで、昔からずっと来てくれて、マナーを守ってくれるリピーターの方の予約が取れず、大変申し訳なく思ってます。
1ヶ月先の予約がいっぱいでも、当日や3日後の予約は空いていることもあるので、日によってまちまちです。
当クリニックのドクターの予約日、予約時間を管理しているのは、オペレーションセンターや各クリニックの受付事務のスタッフです。
当クリニックに電話をすれば、空いている予定日や時間について、詳しく教えてくれます。

3.まとめ

クリニックの医者によっていうことが違うのには、医者のセンスや知識、技術など、さまざまな理由があります。
私に関しては、患者さんに嘘は絶対につきません。
患者さんの希望を聞いて、それに対してできることとできないこと、その治療に対するメリットとデメリットを正直に話すのがポリシーです。
私の診療日は、1ヶ月半前から予約が埋まることもあります。
ただ、当日や3日後の予約は空いていることもあるので、クリニックに直接問い合わせてください。