美容整形のことならミキペディア

大きな乳首を小さくする乳頭縮小は外見だけでなく授乳も考えて

pixta_14811077_M

乳頭縮小は、大きな乳頭、つまり乳首を小さくする手術です。
大きいだけでなく、垂れるほど伸びた乳頭や分裂している乳頭も、やや大きめから小さめまで、好みのサイズにできます。
ただし、術式によっては赤ちゃんを産んだときにお乳をあげられなくなることもあるので、注意が必要です。

1.乳頭縮小はどういう手術?

乳頭縮小とは、大きな乳頭を小さくする手術です。

img_nyuto_feature_01
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto.html

手術を受ける多くの人は、妊娠・出産・授乳によって肥大して伸びた乳首を気にしている方です。
ただ、出産経験がなくても、大きな乳首を気にして手術を希望する方もいます。
乳首の形や大きさは千差万別で、出産経験がなくてもぶどうの巨峰くらいの大きさの人もいれば、小豆のように小さい人もいます。
形も、正面から見て円形の人もいれば、だ円形の人もいます。
どういう形、大きさが正常ということはなく、陥没乳頭のような病的な状態以外は全て正常な乳首です。
手術で乳首を小さくする場合、どのくらいの大きさにするのでしょうか。
私は、特別に要望がない場合は、未婚女性の平均サイズにします。
未婚女性の平均サイズは、小梅、つまり小さな梅干しを半分に切ったくらいの大きさで、大きすぎず、小さすぎず、自然で美しいサイズです。
この大きさなら、「自分の乳首は他人とくらべて大きいんじゃないか?」と悩む必要はありません。
また、当クリニックは、原則として乳管を温存する術式で行うため、術後もきちんと授乳できるので安心してください。

2.術式について

私(高須幹弥) の場合の、乳頭縮小の術式について、詳しく解説します。
乳頭縮小は大きい乳首を小さくするので、男性も大きな乳首で悩んでいる場合は、この手術で小さくすることがあります。

2-1.周囲の余剰皮膚を切除する方法

乳頭基部(乳首のつけ根)から上の、余分な皮膚を切除して縫合します。
授乳機能を温存するので、女性の乳頭縮小でもっとも多く用いられる術式です。

(1)余剰皮膚の切除
麻酔のクリームを塗り、極細の針で、比較的感覚の鈍い乳頭基部から局所麻酔注射をします。
感覚の強い乳頭の先端にやるのではないので、麻酔注射の痛みはわずかです。
乳頭の上部は残し、それより下の皮膚をメスやはさみで切除し、キノコ状にします。
乳管と、乳頭上部の乳管の出口を温存するため、授乳機能は残り、術後に妊娠、出産した場合、赤ちゃんに自分のおっぱいで授乳することができます。
img_nyuto_mikiya_tech_02

img_nyuto_mikiya_tech_03

img_nyuto_mikiya_tech_13
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto.html

(2)縫合
残った部分を、細いナイロン糸で細かくていねいに縫合します。
10日後くらいに抜糸すれば、その後は傷跡は目立ちません。
img_nyuto_mikiya_tech_04
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto.html

この術式は、乳頭の正面から見たときの面積も小さくすることができます。
乳頭を小さくするには、くさび状に余分な部分を切除します。
切除した部分を縫合すると、正面から見て、一回り小さい乳頭になります。
img_nyuto_mikiya_tech_07

img_nyuto_mikiya_tech_08
正面から見た乳頭と乳輪
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto.html

正面から見た状態で一回り小さくし、しかも高さを小さくする場合は、まず乳頭の上部を残して下の部分の皮膚を切除し、キノコ状にします。
次に、残った上部の乳頭の皮膚を、くさび状に切除します。
最後に縫合すると、高さが小さくなり、正面から見た状態でも一回り小さな乳頭になります。
img_nyuto_mikiya_tech_10

img_nyuto_mikiya_tech_11
横から見た乳頭と乳輪
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto.html

2-2.くさび状に切除する方法

乳頭の余分な皮膚と皮下の組織を、先端部分でくさび状に切除し、縫合します。
しっかり小さくできますが、この術式で乳頭縮小した場合、女性は術後に授乳することができなくなります。
主に、男性の乳頭縮小に用いる術式です。

(1) 余剰な皮膚と皮下をくさび状に切除
麻酔のクリームを塗った後、比較的感覚の鈍い乳頭基部から局所麻酔注射します。
乳頭の上部の余分な皮膚と皮下組織を、メスで切開して切除します。
上部の乳管と乳管の先端部分の皮膚を切除するので、女性をこの術式で乳頭縮小すると、術後に授乳ができなくなります。
女性にこの術式を行う場合は、今後出産予定がない方に限定しています。
授乳することがない男性は、この術式で行っても問題ありません。
img_nyuto_mikiya_tech_16

img_nyuto_mikiya_tech_17

img_nyuto_mikiya_tech_20
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto.html

(2)縫合
細いナイロン糸で細かく丁寧に縫合します。
抜糸は約1週間後、傷跡はほとんどわからなくなります。
img_nyuto_mikiya_tech_18
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto.html

3.デザインと仕上がりについて

乳頭縮小のデザインと仕上がりについて解説します。
乳頭縮小は、元の乳頭の大きさ、形や患者さんの希望によって、いろいろなバリエーションがあります。
代表的なものを、いくつか紹介します。

3-1.仕上がりによるパターン

(1)やや大きめのサイズにする
大きい乳首を小さくしたいけれど、小さくなりすぎるのは嫌で、ある程度の大きさは残したいという人に向いています。
本人は大きな乳首がコンプレックスでも、パートナーが大きな乳首を気に入っている場合もあります。
高さ、正面から見たときの面積が両方とも、未婚女性の平均サイズより一回り大きい乳頭になるように、ある程度の大きさを残したまま小さくします。

(2)未婚女性の平均サイズくらいにする
もっとも多いデザインです。
特別に細かい要望がなければ、未婚女性の平均サイズにするのがもっとも無難なので、おすすめします。
未婚女性の平均サイズとは、妊娠、出産、授乳の経験がない若い女性の乳頭の平均サイズという意味で、小梅を半分にしたくらいの大きさです。

◆症例
授乳時期には、乳頭は大きくなるだけでなく、赤ちゃんに吸われることで伸びてしまいます。
この方の場合は、授乳が終わっても乳頭が元に戻らず、長く伸びたままになっていました。
仕上がりは、未婚女性の平均の大きさ程度に調整しました。
形状の美しさにもこだわり、だ円形ではなく円形に仕上げるようにしています。
手術により、正面からも横からもきれいな、誰が見ても自然で美しいと感じる乳頭になりました。
mainpic_nyuto01a
Before
mainpic_nyuto01c
After(1週間後)
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto012.html

(3)やや小さめのサイズにする
大きな乳首がコンプレックスで、しっかり小さくしたいという人は、要望に応じて小さくすることができます。
理論的には、かなり小さくすることもできます。
ただ、小さくしすぎて後悔した場合、大きくしたり、元に戻したりすることはできないので、よく考えてから仕上がりのサイズを決めることが重要です。

◆症例
20代の女性です。
診察したところ、平均よりもやや大きめの乳首で、上半身を起こした状態だと、重みで垂れ下がる状態でした。
小さめな乳首が希望のため、不自然にならない範囲内でやや小さめになるようにデザインして手術しました。
手術後に妊娠、出産した場合に授乳できるよう、余剰皮膚を切除する術式で、乳管と乳管開口部を温存して、皮膚をキノコ状に切除し、細いナイロン糸でていねいに縫合しました。
術後は術前よりも乳頭の高さ、正面から見たときの面積がともに小さくなり、小ぶりのかわいらしい乳首になりました。
ba_nyuto33_b
Before
ba_nyuto33_a01
After(3ヶ月後)
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto017.html

3-2.元の乳頭によるパターン

(1)伸びて垂れ下がった乳頭
妊娠、出産、授乳を繰り返したことで、乳頭が激しく伸びた場合があります。
ひどく伸びた乳頭は、上半身を起こした状態では、垂れ下がってお辞儀をしたような形状になります。
伸びて垂れ下がる乳頭でも乳頭縮小で短くすれば、上半身を起こしても垂れ下がらない、きれいでコンパクトな乳頭になります。
img_nyuto_one_point_07

img_nyuto_one_point_09
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto.html

(2)非常に大きい乳頭
巨峰くらいのサイズの非常に大きな乳頭でも、一回り小さいコンパクトでバランスのよいサイズにすることが可能です。
高さを低くすることもできるし、正面から見た面積を小さくすることもできます。

(3)分裂している乳頭
まれに、乳頭が分裂して、2つに分かれている人がいます。
こうした状態を分裂乳頭といいますが、乳頭縮小できれいにすることができます。
バランスがよくなるように、小さい方の乳頭を切除して、縫合・縫縮します。
乳管は温存するので、授乳機能は残ります。
img_nyuto_one_point_13

img_nyuto_one_point_14

img_nyuto_one_point_15
【出典:http://www.takasu.co.jp/operation/bust/nyuto.html

3-3.男性の場合

男性でも、乳頭が大きいことがコンプレックスな方は、意外とたくさんいます。
女性化乳房が原因で乳頭が大きい人もいるし、Tシャツなどで乳頭がすれて刺激を受けたことで乳頭が肥大して大きくなった人もいます。
特に、アトピー性皮膚炎の方は、乳頭が刺激を受けて大きくなることも多いです。
特別ご要望がなければ、男性の平均サイズくらいの大きさにするのがもっとも無難です。
Tシャツを着たときに、乳頭の突起が浮き出るのを嫌がる人もいます。
乳頭は勃起もするし、寒くなると硬くなります。
硬くなってもTシャツに突起が浮き出ないようにするためには、人によっては、ほとんど平らに近いくらいに乳頭を小さくする必要があることもあります。

4.まとめ

大きな乳頭を小さくする手術が、乳頭縮小です。
どういう形や大きさが正常ということはありませんが、私は、特別に要望がない場合は、未婚女性の平均サイズの、小さな梅干しを半分に切ったくらいの大きさにします。
伸びて垂れ下がった乳頭や、巨峰のように大きな乳頭、分裂している乳頭も、高さを低くしたり、正面から見た面積を小さくしたりできます。
術式には、乳頭基部から上の余剰皮膚を切除する方法と、乳頭の余分な皮膚と皮下の組織をくさび状に切除する方法の2つがあります。
余剰皮膚を切除する方法は、授乳機能を温存するので、女性の乳頭縮小で多く用いられる術式です。
くさび状に切除する方法は、術後に授乳することができなくなるので、男性の乳頭縮小に用いる術式です。
サイズは、やや大きめ、平均、やや小さめにできます。
小さくしすぎた場合、大きくすることはできないので、仕上がりのサイズはよく考えてから決めることが重要です。